スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木津川計さんに聞く「一人語り劇場の語りと思想」

5月12日(木)、尼崎のピッコロシアター大ホールで木津川計さんの講演を聞いてきました。

タイトルは「一人語り劇場の語りと思想」講演であり、公演でもある内容でした。

木津川


木津川さんは1968年33歳のときに『上方芸能』という季刊誌を創刊、2016年の今年、200号をもって、その歴史を閉じました。

余談ながら、我が家にはこの200号全てがそろっています。

立命館大学を定年退職した後は71歳で「木津川計の一人語り劇場」を旗揚げしました。
「一人語り劇場」とは文芸作品や映画のあらすじをときに解釈や批評、笑いも交えて語る一人芝居です。

毎年新作を発表して10年、10作品。
その中から今回は「まぶたの母」、「一本刀土俵入り」、「無法松の一生」、「口入れ屋」、「父帰る」などのさわりを語りました。

分かりやすい講談のような、落語のような表現方法です。
でも、それぞれオリジナルの作品はそれこそ絶滅危惧種^^。

木津川さんは今年81歳、けしてお若くはありません。
ろれつがまわらなくなったり、記憶力に自信がなくなったら、引き時とおっしゃいます。

なんのなんの、2時間立て板に水のしゃべりでした。

「前向きに生きようとしている人は、今日こそが一番若い日」
だそうですよ。




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。