スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横尾忠則 幻花 幻想幻画譚

横尾忠則現代美術館で開館3周年記念幻花幻想幻画譚を観てきました。
最終日の3月27日ににすべり込みです。

幻花1

幻花2

幻花3

幻花4



1974年~75年に新聞に連載された瀬戸内晴美(寂聴)さんの時代小説「幻花」の挿し絵の原画全371点が展示されて、うち数点は巨大といっていいほどに拡大されています。

新聞の挿し絵は印刷される大きさよりいくらか大きめに描かれています。
はがき大ぐらいでしょうか。

実に緻密に描かれていて、拡大してもなお線はきれいなのです。

幻花5

幻花6

幻花7

幻花8

幻花9

幻花10

幻花11

幻花12

幻花13



思えばこの展覧会のオープンの日に、横尾忠則さん、瀬戸内寂聴さん、浅田彰さんの鼎談が美術館1階のスタジオで行われて、私は抽選にはずれたのでした。

そのときのDVDが流されていました。
寂聴さんは「横尾さんの絵がこんなに上手できれいだとは思わなかった^^」と言っていました。

たしかに40年前の新聞の印刷は線がつぶれているし、落款の朱もモノクロで原画の味が出ていません。
横尾さんの挿し絵は時として、瀬戸内さんの原稿よりも先に描かれることがあったそうです。

文章に従属する挿し絵という枠を超えていたんですね。
横尾さんのグラフィックワークの最高傑作の一つ。と、展覧会の案内に書いてありました^^。



横尾さんはこのところグラフィックデザインの仕事はされていませんが、横尾忠則現代美術館の展覧会のポスター、チラシは横尾さんの新作なんですよ。


美術館の前に王子動物園があるのですが、神戸のサクラ開花の標準木は動物園にあります。
美術館に行った前日の26日にやっと開花宣言されましたが、まだピンクは広がっていないみたいですね。

幻花14



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。