スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫まみれ展・BORO(ぼろ)の美学

神戸ゆかりの美術館で猫まみれ展・・・会期は3月27日まで、
神戸ファッション美術館でBOROの美学・・・会期は4月10日まで、
を観てきました。

両美術館は隣り合っていますので、行ったらたいてい両方見学してきます。

ねこ1

ねこ2




神戸ゆかりの美術館では招き猫亭コレクション「猫まみれ展」

ねこ3

ねこ4


最近、ますます人気沸騰しているネコちゃん。
猫まみれ展に出展されたアートになったネコ^^ちゃんは約200点です。

絵画、版画、彫刻、陶器など「招き猫亭」が40年かけて収集したコレクションです。
作家たちも様々な作風の方々で、その分いろんなキャラクターのネコちゃんたちに出会えます。

そして、このネコたちのリーダーは高橋弘明さんの「ジャパニーズ・ボブテイル」

ねこ5


招き猫亭のコレクション第1号はこのテオフィル・アレキサンドル・スタンラン「猫と少女」なんですって。

ねこ6




神戸ファッション美術館では野良着と現代ファッション「BOROの美学」

エントランスホールでは金沢美術工芸大学修士ファッションデザインコースの終了制作展が開かれていました。

ねこ7

ねこ8

ねこ9

ねこ10




館内は青森の民俗学者・田中忠三郎さんの2万点におよぶ収集物の中から、東北の野良着――タツケ、マエダレ、長着など約100点と、BOROの美意識を作品に表現しているkeisuke kanda(神田恵介)さんなど日本の三組のデザイナーの作品、廃棄される資材の特質を活かして、日々用いるものに創り上げるMODRCOの作品が展示されています。

ねこ11

ねこ12


BOROのチラシにつかわれている襤褸(ぼろ)は触れるし写真も撮れます。
まさにボロボロ^^でした。

ねこ13



野良着はつぎはぎであっても、芸術品の美しさだったし、若いデザイナーさんたちの作品も着やすそうでポップでした。

ちなみに、NHKの朝ドラ「まれ」で、まれちゃんが着ていたのがkeisuke kandaブランドだったそうですよ。
あ~あ~、あのステッチのあるコートなんかね、と思い出すことができますね。







テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。