スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚歌劇月組公演~舞音―MANON―

11月17日、宝塚大劇場で月組公演、ミュージカル「舞音―MANON―」
グランドカーニバル「GOLDEN JAZZ」
を観てきました。

マノン1

マノン2

マノン3

マノン4

マノン5

マノン6


舞音はフランスの古典的小説「マノン・レスコー」が原作です。
長く生きています^^から、マノン・レスコーという名前は知っていましたが、あらすじすら心得ていない私でした。

そうとうはしょっていえば、魔性を持った女性、愛希れいかさん扮するマノンに数々の男性が係わり破滅していく中で、龍真咲さん扮する主人公シャルルもまた身も心も奪われていくというストーリーです。

それほど男性を惹き付ける女性をイメージさせる物語を生み出すこと、演じることは難しいし、そんな^^女性に翻弄される男性を演じるのも簡単ではなさそうです。

しかも、上演時間は1時間半強。
シャルルの心の中の真実の声を言葉にして表現する「もう1人のシャルル」がキャスティングされています。

ジャケットなしの薄いシャツ姿、アオザイを着る龍さんもいつの間にか宝塚5組中、トップ在任歴最長になったそうです。
そうですって、ほぼ毎公演観てるのにねぇ。

ショーは親しみやすいジャズ尽くし。
龍さんが銀橋で「ロケッツ!」と叫んで始まるラインダンス。

マノン7

マノン8

マノン9


続いて、スティックを打ち鳴らしながら踊る“Rhythm”。
愛希さんのダンスすごい。

フィナーレのシャンシャンはタンバリンです。

ミニタンバリンが売られていて、主題歌の振り付けがHPに公開され、1階席の観客はのりのりだったようだけれど、2階席はそれほどもなく・・・。

私は手拍子だけでいいじゃん、と思ったほうです。
でも、文句なく楽しい宝塚のステージ。
2015年、宝塚大劇場ラストの公演でした。

(公演は12月14日まで。下から2・3枚目の写真はネットから借用しました)


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ十二月です。

■wmarchさま。
本年も十二月、最終となりました。
泣いても笑っても「師走」の到来です。

★sohyaさま

天候がおかしいからか、紅葉が今一つだった2015年でした。
大きな事件なく暮れてほしい年の瀬です。

お身体にお気をつけてお過ごしください。
プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。