スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルノブイリの祈り(岩波現代文庫)~スベトラーナ・アレクシュービッチ著・松本妙子訳

チェルノブイリの祈り―未来の物語(岩波現代文庫)~スベトラーナ・アレクシエービッチ著・松本妙子訳

作者のスベトラーナ・アレクシエービッチは今年のノーベル文学賞受賞者です。
時々利用させてもらっている近くの大学図書館の書棚に、「ノーベル文学賞受賞」のポップが添えてなかったら、手にしなかったかもしれない地味な表紙の文庫本です。

チェルノブイリ


チェルノブイリの原発事故は1986年、作者はベラルーシに住み、ロシア語で書かれた原作の出版は1997年、日本語訳版は1998年、文庫版は2011年の刊行です。

取材は事故後間もなくから、こつこつ進めながらも、出版にこぎつけるまでは長い時間がかかったようです。

文庫版の解説をフォトジャーナリストの広河隆一さんが書いています。
同じ取材対象に面会しているのに、自分は事実の羅列しかできなかった。アレクシエービッチだからこそ語る人と書き留める人の間に、大きな思いのやりとりができて、奇跡の仕事が生み出されたのだと。


この本は原発作業員、消防士、科学者、医師、兵士、放射能汚染地域から脱出した人々、住み続ける人、子どもたち・・・約300人のチェルノブイリに係わってしまった人々の声を集めた記録です。

死んだ人が腐敗していくのは自然の摂理ですが、大量の放射線を浴びた人間は生きながらくずれていきます。
そんな悲惨な日々の記憶を最初の章で消防士の妻が、最後の章で事故処理作業者の妻がアレクシエービッチに語ります。

そして、中ほどには子どもたちの声の合唱。

東電の事故のあと、福島はチェルノブイリとは違うと、叫ぶ政治家や科学者がいましたが、どこが違うんでしょう。
亡くなった人の数ですか?

事故を起こして、まだ収束しない、できない原因は同じ原子力ですよ。

チェルノブイリは過去で、現在で、そして本の副題でもある未来まで続きます。



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。