スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青天の霹靂

レンタルDVDで青天の霹靂を観ました。
劇団ひとりさんが原作、脚本(橋本敦子さんと共同)、監督、俳優として出演と、ひとり^^4役の大活躍です。

上映時間は96分で、短かめです。
映画公開時、「徹子の部屋」で「僕はトイレが近いので、観客として観るならこの長さが限界です」なんて話してましたっけ。

青天1

青天2



劇団ひとりさんの小説第1作目は「陰日向に咲く」でこれも映画化されているのですが、かかわったのは原作者としてだけです。

陰日向に咲くは発行された2006年に読みましたが、とても面白い本でした。
・・・と、記憶しているのですが、内容はさっぱり覚えていません。
このところ、そんなことばっかりです。

ひとりさんは週刊文春でもエッセイを連載していたので、毎週購読している私はすべて読んでました。
力のあるライターさん^^です。



さて「青天の霹靂」、タイムスリップして若い頃の父と母に会う、浅草ときたら、山田太一の「異人たちとの夏」を連想してしまいますが、「青天の霹靂」のほうは大分シンプルなストーリーです。

若い母親が自分・・・大泉洋扮するマジシャンの轟晴夫・・・を産む直前の病室のシーンがいいですね。



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。ご無沙汰しております。
残暑お見舞い申し上げます。
大泉洋さんは私と同じ北海道出身でどうでしょうの頃から
ずーっとファンです。最近、チームナックスとしてお芝居を
していますが、当然、東京のは取れず、お盆の時期に新潟まで
行って漸く見る事が出来ました。

★君平さま

何年か前、大泉さんのエッセイを読みました。
挫折がまったくないわけじゃないけれど、幸運な人ですね。

新潟まで行くなんてすごいですね。

私も東京宝塚劇場に泊まりがけで行きたいなと思ってるんですが、
東京のほうがチケット取りが難しいみたいです。
プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。