スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸大学交響楽団創立100周年記念サマーコンサート2015

6月14日(日) ザ・シンフォニーホールで神戸大学交響楽団100周年記念
サマーコンサート2015


曲目は―
R.ワーグナー◆楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲
C.ニルセン◆交響曲第1番
J.シベリウス◆交響曲第1番

アンコールで―
J.シベリウス◆アンダンテ・フェスティーヴォ

客演指揮/新田ユリさん 学生指揮/徐寿明さん


神大



神戸大学交響楽団創部100周年記念コンサートを聴いてきました。

演奏された交響曲2曲はフィンランド生まれのシベリウスとデンマークに生まれたニルセンの作品。
ともに1865年生まれ、今年生誕150年にあたります。

ちなみに2人とも、神戸大学交響楽団創部の年には存命でした。

まず、開会のあいさつは記念すべき100周年の団長、学部4年の森大地さん。
まるで北欧の申し子のような名前^^です。

コンサートの1曲目はワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」には卒団生も加わって総勢108名が同じステージ上にいて、最高齢が70歳、祖父と孫のような年の差のあるメンバー構成であること。
この曲は奇しくも、ザ・シンフォニーホールのこけら落としの曲だったことなど、幾分かの緊張を感じさせながらも、言葉につまることなくしっかりした開会の辞でした。


客演指揮の新田ユリさんは神大オケとかかわって25年、日本シベリウス協会の会長です。
今年「ポポヨラの調べ」という、北欧音楽の手引書のような本を上梓されました。
「ポポヨラ」とは「北方」という意味だそうです。

幸い^^なことに、図書館でその本を手にすることができたのですが、不幸な^^ことに、読み進める力と根性がありませんでした。

新聞の書評にシベリウスの1番の冒頭のクラリネットのソロの意味が抜き書きされていました。
そのクラリネットのソロが実に素晴らしい演奏でした。

私は学生オーケストラや社会人アマオケのコンサートによく出かけるのですが、どのオーケストラもよくやってるなー、上手だなー、こんな活動ができる日本って平和だなーと思うことしかできません。

だから今回の神大オケのサマーコンサートも気の利いた感想など書けません。
ただ言えるのは、今回の演奏はすご~~~く立派でした。

上出来の演奏会でした。
100周年おめでとうございます!!





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。