スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀文子【一所不住・旅】展

兵庫県立美術館で堀文子【一所不住・旅】展を観てきました。

「一所不住」とは堀さんの造語です。
「・・・同じ生活になれ感性のにぶるのを恐れ、私は安住をさけ引っ越しを続けました。それが一所不住の私の暮し方でした」と堀さんは語っています。

堀さんは今年の7月で97歳、1枚1枚対象を見つめていねいに描き上げた作品とともに、「群れない」「慣れない」「頼らない」という信念に貫かれた、真に自立した生き方が私たちを惹き付けます。

女性ファンが多いようで、この日(5/27)も年代を問わず女性の多い会場でした。

90歳を過ぎてもほぼ毎年、新作が発表されていて、会場に入って最初に展示されていた作品は2013年に制作された「どくだみ、露草、姫小判草」を描いたものでした。
堀さんの花の絵、大好きです。

それに続いての展示は自画像から始まって、ヨーロッパ、アメリカ、メキシコへの旅、大磯、軽井沢、イタリア・トスカーナへの移住、さらに80歳前後でのアマゾン、メキシコ、ペルー、ヒマラヤ、ネパールへの旅からインスパイアされた作品の数々、絵本の原画や挿し絵など、どれも素通りなどできない約130点でした。



ほり1

ほり2

ほり3

ほり4

ほり5

ほり6




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。