スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ペコロスの母に会いに行く」(西日本新聞社)、「ペコロスの母の玉手箱」(朝日新聞出版)

「ペコロスの母に会いに行く」、「ペコロスの母の玉手箱」、ともに、長崎在住の岡野雄一さんのエッセー漫画です。
始めは自費制作だったものが、単行本化されました。

ペコロス1

ペコロス2


2013年に映画化され、私は昨年観ました。本を読んだのはそのあとです。
認知症の母を在宅で介護する日々、症状が進行してグループホームに入所、会いに行く日々のエピソードが4コマ漫画で表現されています。
ペコロスは小タマネギのこと。岡野さんのハゲた頭からの連想です。その頭を見て、さわって、母は息子を認識するのです。

漫画のタッチがかわいくて、実際はストレスいっぱいの介護の日々だったと思うのですが、ほんわかとした温かささえ感じて救われます。

「ペコロスの母に会いに行く」の続編にあたる、「ペコロスの母の玉手箱」の制作途中、2014年8月、91歳で岡野さんの母みつえさんは亡くなり、追悼の意味合いも込められた本になりました。

こうやって本になり、映画になり、お2人は一般的ではない認知症の当事者かもしれませんが、読む者に認知症の人とのかかわり方のヒントを与えてくれます。



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。