スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イニシエーション・ラブ(文春文庫)~乾くるみさん

単行本で刊行されたのは2004年、文庫の初版は2007年4月です。
それに小説の舞台は1980年代の静岡と東京。
まだ携帯電話など普及してなくて、恋人たちが連絡を取り合うのは固定電話です。

『イニシエーション・ラブ』ロングセラーで、発行部数100万部を超えています。

イニシエーション・ラブ


図書館にリクエストして、半年以上かかりました。
裏表紙の内容紹介にはこうあります。

『・・・略・・・甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説――と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。』

たしかにず~っとだまされました。
小説はなんとなく筋を追って、読み流してしまうほうだから、最後から二行目を読んで、東京でできた新しい彼女の元カレの名前か?と、ページを前に繰ったりして・・・。
それに、最後から二行目の少し前あたりでは、あれっ、マユと鈴木が出会ったころ、こんなことなかったよね、と。

まあ、二回読むほどのこともなく、ネットでアップされている解説ブログで「そうだったのか」と納得。

松田翔太、前田敦子、木村文乃で、今年5月に映画「イニシエーション・ラブ」公開です。
松田二役ってことですかね。

年甲斐もなく、あっちゃんファンとしては「また、クセのある映画ですか?」と思いつつも観たい映画リストに入れておきましょうか。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。