スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都大学交響楽団 第196回定期演奏会

1月14日(水) ザ・シンフォニーホールで京都大学交響楽団第196回定期演奏会

曲目は―
J.シュトラウス2世◆ワルツ『ウィーンの森の物語』
R.シュトラウス◆交響詩『ドン・ファン』
J.ブラームス◆交響曲第2番

客演指揮/山下一史さん


京大3

京大1

京大2



年末恒例のベートーヴェンの第九みたいに、新年恒例のようになっているウィンナワルツ
ウィンナワルツ独得の不等分の^^リズムより、さらっとした感じの3拍子の京大オケの演奏でした。

「ウィーンの森の物語」はゲストに日本のチター演奏の第一人者であり、チター専門教育の責任者でもある、内藤敏子さんを迎えて、由緒正しい^^演奏を聴くことができました。

京都大学交響楽団は2017年に創立100周年、第200回の定期演奏会が予定されています。その日を迎える人はこの日(1/14)演奏者の中には少ないかもしれませんが、伝統はつながっていくんでしょうね。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。