スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木津川計さんの公開講義「趣味人とは誰を言うのか」

11月4日(火)、神戸市シルバーカレッジの公開講義を聴いてきました。
講師は立命館大学の元教授で、 『季刊上方芸能』の発行人、木津川計さん。

シルバー1

シルバー2

シルバー3

シルバー4

シルバー5

シルバー6



上方芸能を1968年の創刊から最新号まで購読している夫は、はじめから参加する予定でしたが、私はたまたま聴いたNHKラジオの「ラジオエッセイ」に出演した木津川さんの「やぶさかではない」という言葉の話にいたく共感して、講義を聴きたくなって、追加で申し込みをしました。

講義の対象はシルバーカレッジの学生で、平均年齢は65歳前後、団塊の世代中心です。
対象がしぼられているし、意欲的な方々が多いようで、とても受け手の反応がいい講義でした。

木津川さんは杖をついて、足元おぼつかなくステージへの階段を上りました。
というのも、3年前に脳梗塞を発症して、今年の1月から杖を使うようになったということなのです。

3年前地下鉄への階段を降りようとしたら、左半身がしびれて歩けなくなっていて、タイミングよく拾えたタクシーに乗り帰宅しました。すぐ救急車を呼ぼうという奥さまを制止して朝まで待ち、タクシーでかかりつけ医にいったところ、即専門病院を紹介され入院することになったそうです。

「変だと思ったら迷わずすぐ病院へ」と、シルバー世代には身につまされる話です。

杖を持つようになってから、乗り物で席を譲られることが俄然多くなったそうで、譲られたらありがたく座らせてもらうことにしているそうです。
ただし、譲られてからすぐ本や新聞を読んだり、原稿を書き出したりすると、活動的に見えて、立ってくれた方に申し訳なくて、しばらくは譲り甲斐があったと思ってもらえるよう、神妙に座っている^^そうです。

木津川さんは今年79歳。
長谷川伸さん、谷崎潤一郎さん、今東光さん、藤本義一さんたちはともに79歳で鬼籍に入ったそうで、79歳の壁伝説を乗り越えられるか!と、ご自分のハンディを笑いに変えていました。

ツカミはまだまだ続き、たっぷり30分ほど。
本題に入ってからも、よどみなく60分、脳梗塞のあと味わったという言語障害もまったく感じさせず、壇上では杖を使わず白板に向かい板書されていました。



配られたレジュメを載せましたが、見にくいので、新〈趣味人〉の資質の部分を転記しておきます。

1.自然を愛する人
2.清福を好む人
3.ユックリズムを好む人
4.人生を楽しみながら生きていく人


シルバーカレッジが我が家から通学に便利な場所にあれば通うのに・・・。残念です。




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

「木津川計」のこと。

■emarchさま。
お早うございます。
「木津川計」さんのこと。
私は一人暮らしなので、夕食の準備をしながら、
「ラジオ・エッセイ」を聴いています。
彼については、もう三十年も前に、彼の講演などの
雑用を引き受けていた「取り巻き」の知人が居たので、
著書を買ったりしていました。
彼のラジオエッセイは、多分にカビ臭い気味があります。
長谷川伸のことなど、いつも聴いていると同じ話題が出てきて
鼻につくことがありますが、「上方芸能」誌が永く続いているのは
敬服に値します。
つい余計なことを書きました。  では、また。

★sohyaさま

長谷川伸だとか今東光なんて、私の年代でも「誰?それ?」っていう感じです。
「ラジオエッセイ」はたまたまカーラジオで聞いたのが「やぶさかじゃない」の話題でした。

文化人の講演はそう数聞いているわけではありませんが、たいてい面白くありません。
というか面白い講演自体に、なかなか出会えません。

木津川さんの講演はマクラがあって、本編があって、取り立ててオチはなかった^^のですが、
けっこう楽しめました。

初めて聞いたので、新鮮だった^^のかもしれません。
プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。