スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいときぼうのまち

元町映画館であいときぼうのまちを観てきました。

あい


「原子力政策にほんろうされた福島県の4世代の葛藤を描いている」という映画の紹介と、「福島県出身の菅野廣監督の父親が原発で働いていて、奇病で亡くなったことから、いつか原発の話を撮りたかった」ということ、「東電・原発の映画を絶対つくると言いながら、交通事故の後76歳で亡くなった若松孝二監督の弟子、井上淳一さんが脚本を書いている」ことなどから、観ておきたいと思っていました。

ただ、映画は思いのほか東電・原発批判を感じられず、1人の女性を中心に家族の歴史を観たかな~、というのが感想です。

それは自分が被災地から遠く離れたところに住んでいるからかもしれません。

一番出番の多い役柄、西山愛子の祖母の時代を演ずる夏樹陽子さんのなんとお若いこと。
その孫の西山怜役の千葉美紅さんが、物語が進むにつれて、どんどん魅力的な演技をします。
もっとも、撮影が時を追って進んだとは限らないのですが・・・。







テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。