スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京・ソウル・台北・長春―官展にみる近代美術

兵庫県立美術館で、「東京・ソウル・台北・長春―官展にみる近代美術」を観てきました。
会期は7月21日(月・祝)までです。

官展1


展覧会のタイトルからは内容がはかりにくい部分もありますが、とても分かりやすい馴染みやすい、約130点の作品群でした。

チラシの文章にはこうあります。

20世紀前半の東アジアの近代美術を、官設の公募美術展(官展)という切り口から考える初めての展覧会です。
韓国や台湾の研究者・学芸員との共同企画であり、各地の所蔵者の理解と協力により、実現しました。東京および日本の統治下・影響下にあったソウル、台北、長春で開かれた官展の出品作や、審査員をつとめた作家の作品を中心に、各国・地域の近代美術の諸相を約130点の作品で紹介します。(以下略)



過去も現在も何かと問題を抱えた地域ですが、絵にそえられた作品紹介を読むと作家たちは、国を越えてこの地域を縦横に移動し、学んでいたりします。
そういった興味もわいた美術展でした。

官展2

官展3

官展4

官展5



今回も美術館から自宅あて絵メールを送りました。

官展6

官展7

官展9

官展8

官展10



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。