スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚市交響楽団 第55回定期演奏会

6月22日(日) 兵庫県立芸術文化センター大ホールで宝塚市交響楽団第55回定期演奏会

宝塚市制60周年記念・宝塚市文化財団設立20周年記念と銘打ったコンサートです。

曲目は―
ジョン・ヘネケン◆皆その時にかなって美しい ―世界初演―
チャイコフスキー◆ヴァイオリン協奏曲
 ヴァイオリン独奏/石上真由子さん
 アンコールでー
 パガニーニ◆カプリース13番
ラフマニノフ◆交響曲第3番

アンコールで―
チャイコフスキー◆くるみ割り人形から〈トレパーク(ロシアの踊り)

指揮/シズオ・Z・クワハラさん

シズオ




指揮のシズオ・Z・クワハラさんは今年38歳、日本人の両親の下、東京に生まれましたが10歳でアメリカに移住したという経歴をおもちです。本格的に音楽を学び始めたのは遅かったそうですが、アメリカで音楽教育を受け、アメリカ国内はもちろん、日本やヨーロッパでも演奏活動を続けてきました。
2009年7月から、ジョージア州オーガスタ交響楽団の音楽監督に就任しています。

オーガスタといえば、マスターズトーナメントが開催されるゴルフの聖地ですね。
宝塚市はそのオーガスタと姉妹都市提携25周年にあたるのだそうです。

小柄な中川智子宝塚市長が大柄なクワハラさんに花束を渡すという、ほほえましいシーンもありました。



聖書の言葉からタイトルをつけた「皆その時にかなって美しい」はオーガスタと宝塚の姉妹都市25周年を記念してオーガスタ出身の作曲家ジョン・ヘネケン氏が作曲したもので、この日(6/22)来日していて客席から舞台に上がりました。

ヴァイオリンソロの石上真由子さんは1991年生まれ。ヴァイオリンの活動歴は見事なのはいうまでもありませんが、あらまぁ現役の医大生なんですって。加えてとてもチャーミングなお嬢さんでした。

華やかかつ、とても楽しめた演奏会でした。



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。