スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パルシネマで「ペコロスの母に会いに行く」、「そして父になる」

湊川公園でお花見したあとに観たのは「そして父になる」「ペコロスの母に会いに行く」です。

ペコロス1

ペコロス2



「そして父になる」は公開時観ています。
今年は2本立てのうち、1本観ていることの多いパルシネマ行き^^です。

でも、ムダだなーという気持ちは起こりません。
子どもたちの演技はとても自然だし、フィクションだと分かっていながら、この2家族はいい関係を保ちながら子どもたちを一緒に育てていくんだろうなーという思いが1回目観たときより強く感じたりしました。



「ペコロスの母に会いに行く」は長崎在住の漫画家・岡野雄一さんのエッセイ漫画が原作です。
認知症の母親との大変ながらも何気ない日常が描かれています。

ペコロス3

ペコロス4


ゆういち役の岩松了さんは劇作家としても活躍、60歳を過ぎての映画初主演、認知症の母親・みつえ役の赤木春恵さんも89歳にして、映画初主演です。

脇を固める助演者たちはもったいないほど豪華な顔ぶれです。
みつえさんが入居するグループホームにいる、せりふもないお年寄り役が、よく知られている俳優さんだったりします。

森崎東監督のもとで仕事をしたいとスタッフ、キャストが集まったのでしょう。

その森崎監督も85歳。
昨年暮れ、NHKのETV特集で、自らも認知症を自覚しながらこの映画を撮った日々が紹介されていました。
まるで、この映画のプロモーション^^のようでした。

昨日の撮影内容を憶えてないようなこともあったそうです。
それでいて、しっかり役者さんに演技をつけ、撮り終えたシーンのやり直しを指示したりします。

回想シーンがよく出てきます。その分、キャストもセットも複雑になります。
「映画は記憶の芸術である」と言う、森崎監督の表現方法なのでしょう。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。