スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月21日(金・祝) ザ・フェニックスホールでクドウ・シゲノリ・ウインド・アンサンブル

3月21日(金・祝) ザ・フェニックスホールでクドウ・シゲノリ・ウインド・アンサンブル

曲目は―
モーツァルト(ロットラー編)◆五重奏曲第2番(木管五重奏)
ベートーヴェン◆セレナーデ(フルート&ピアノ)
ドビュッシー◆「子供の領分」よりゴリウォッグのケークウォーク(木管五重奏)
フランセ◆木管五重奏とピアノのための「恋人たちの時間(木管五重奏&ピアノ)
プーランク◆六重奏曲(木管五重奏&ピアノ)

アンコールで―
フランセ◆「恋人たちの時間」の3曲目〈せっかちな若者たち〉

フルート/工藤重典さん
オーボエ/古部賢一さん
ホルン/日橋辰朗さん
ファゴット/吉田将さん
クラリネット/赤坂達三さん
ピアノ/長崎麻里香さん

クドウ1

クドウ2




客席300ほどの小さなホールで木管とピアノのコンサートを聴いてきました。
日本フルート界の第一人者、工藤重典さんのもとに、木管の名手が集まったグループです。
冒頭で工藤さんが説明されましたが、年齢も、出身校も、留学先も共通点がありません。

まだお若いホルンの日橋さんを除いて、ソリストとして実績充分だし、すでに後進の指導にも力を注いでいる方たちばかりです。

プログラムの解説を読むと、弦楽器や金管楽器は大きさや形が違っても、音の出る原理は同じなので、アンサンブルをすれば、音色が自然に混じりやすいのですが、木管五重奏はオーボエとファゴット以外は発音の原理が違うので、調和を図るのは難しいのだそうです。

木管五重奏と聞くと静かで、ゆ~ったりといったイメージがわきます。
ところがところが、思いのほかアップテンポでパワフルな演奏に引き込まれました。
もちろん、演奏曲目にもよりますがね。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。