スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円山応挙展《後期》

相国寺承天閣美術館で、開館三十周年記念円山応挙展《後期》を観てきました。
会期は3月23日(日)まで。

同志社大学の北側に位置する相国寺の境内を通り抜けて、美術館に向かいました。

総門

円山1


鐘楼

円山2


法堂

円山3

円山4


庫裡

円山5


庫裡の横が美術館の入り口です。

円山6

円山7



承天閣美術館は臨済宗相国寺派の大本山、相国寺の境内に併設されている美術館。
本山相国寺をはじめ、塔頭寺院である鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)などにつたわる美術品を所蔵、展示しています。

伊藤若冲の「鹿苑寺大書院旧障壁画」の一部も常設展示されています。


円山応挙展の後期は障壁画を中心に展示されています。

私は日本画・水墨画のよさがよく分からないほう(苦手とも言う^^)なのですが、応挙の描いた植物、鳥類などの写生や小袖、櫛の図案、扇面などの図案などを興味深く観てきました。

円山8

円山9




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。