スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年本屋大賞

2014年本屋大賞のノミネート作品が発表されましたね。
私は昨年、この10作品のうち2冊読んでいました。

『昨夜(ゆうべ)のカレー、明日のパン』(河出書房新社)~木皿泉さん
と、
『想像ラジオ』(河出書房新社)~いとうせいこうさん
です。


木皿泉さんは実は2人組、夫婦の脚本家が書いた初の小説です。
若くして若い夫を失った妻がそのままギフ(義父)と暮らしていく中で、亡くなった夫を軸にさまざまな人間とエピソードとがからまっている短編の連作であり、1編の長編小説でもあります。

本屋大賞1



いとうせいこうさんは1988年に作家デビュー、10年以上も小説を全く書けない時期を経て、東日本大震災後になぜか書けるようになったのだそうです。

スタジオは杉の木のてっぺん。DJはその上ですでに冷たくなっています。
思い出の人を語り、懐かしい曲がかかります。

本屋大賞2


どちらも「人の死」を扱っているのですが、優しく温かく懐かしい気持ちがわき上がってきます。
さすが、本屋大賞ノミネート作品です。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。