スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲南大学文化会交響楽団 第53回定期演奏会

12月28日(土) 神戸文化ホール・大ホールで、甲南大学文化会交響楽団第53回定期演奏会

曲目は―
チャイコフスキー◆スラヴ行進曲
ブラームス◆悲劇的序曲
ドヴォルザーク◆交響曲第9番「新世界より」

アンコールで―
ドヴォルザーク作曲、井村誠貴編曲 黒人霊歌/SWING LOW, SWEET CHARIOT

客演指揮/井村誠貴さん 学生指揮/近山真史さん

甲南大オケ




プログラムの冊子を見て、大丈夫かなあと思いました。
ヴァイオリンのパートの3分の2ほどをOB、OG、賛助が占めているのです。
他の弦パートも現役学生が少ないです。

経験は積んでいるとしても、社会人ともなれば普段の練習や合同練習の時間が取りづらいでしょうに。
でも、ヴァイオリンの音、とてもやわらかくそろって、美しく奏でられていました。

挟み込まれていたチラシによると、部員不足で困っているようです。
少子化の時代で、小さいころから楽器に接している人が少なくなっていることもあるでしょう。

以前はこの12月の演奏会で卒団する部員さんが多くいて、髪やスーツに花飾りをつけているのがよく目立っていたのですが、今回はちらほらといった感じでした。
それに、この演奏会を聴きに来ている若い人―学生さんがとても少ないのが気になります。

学生指揮の近山真史さんは「新世界」で、イングリッシュホルンで例のメロディー^^を吹いてましたね。
指揮もソロ演奏もよくこなしていました。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。