スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州への旅・・・5 八島ヶ原湿原

9月22日(日)から24日(火)まで、蓼科、車山、霧ヶ峰などを旅してきました。

前の記事でさらっと扱った八島ヶ原湿原ですが、今回の旅で一番印象深かったのがここでした。
入口、駐車場はさほど広くないのですが、ビーナスラインの下を通る小さなトンネルをくぐると、広大な湿原が広がっていました。

日本最南の高層湿原でその始まりは1万2000年前にさかのぼるとのことです。

八島ヶ原湿原に生息するシュレーゲルアオガエルヤマアカガエルの鳴き声は「残したい日本の音100選」に選ばれているそうです。

今、カエルの鳴き声は聞こえませんが、八島ビジターセンターで、録音された声が聞けます。
ビジターセンターでは「ヤマナシじいさんから聞いた霧ヶ峰の物語」という15分ほどのDVDが流されていて、霧ヶ峰一帯の自然が紹介されています。

湿原を1周する時間がなかったので、私たちはそのヤマナシの老木がある、旧御射山社(もとみさやましゃ)まで行ってもどってくることにしました。

やしま1


八島ヶ池

やしま2


上:ワレモコウマムシグサの実
下:ヤマトリカブトノコンギク

やしま3


花を見つけながら木道を歩きます。

やしま4


上:ウドカワラナデシコ
下:ノハラアザミリンドウ

やしま5


花が終わって綿毛になったヤナギラン

やしま6


あの枝の先のこんもりした植物はなんでしょう?

やしま7


木々の間の木道は濡れていました。
濃霧の水分が木の葉にたまって、水滴になって落ちる「樹雨(きさめ)」というんですって。

やしま8


旧御射山社に着きました。

やしま9

やしま10


ここには日本で最古の円形桟敷式野外競技場といわれる旧御射山遺跡があって、写真の右側が桟敷跡のようです。

やしま11


湧水が流れ出していました。

やしま12


ヤマナシの木には小さな実が生っていて、木の下には沢山の実が落ちていました。
よりによって、ヤマナシの実が1つ、私の帽子をかぶった頭頂部にポトリと落ちてきました。

やしま13

やしま14


吉兆でしょうか?凶兆でしょうか?
「またおいで!」というあいさつと思うことにしましょう。

広々ときもちのいい景色です。

やしま15


帰りも花を見つけながらもどりました。

まだ、緑の色を残したシシウドがありました。

やしま16

やしま17


上:ハバヤマボクチゴマナ
下:木道の間にハクサンボウフウ(か?)、クサモミジ

やしま18

やしま19


ここでもやっぱり一面のススキの原です。

やしま20




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。