スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸学校。「奇跡のリンゴ」の木村秋則さん

7月20日(土)、エスパスフェリシモホールでの神戸学校。に参加しました。
この日のゲストは「奇跡のリンゴ」木村秋則さん。

りんご1

りんご2

りんご3

りんご4

りんご5



青森県弘前市出身で、リンゴ農家の頑固なおっさん^^だから、多分「訥弁」と思い込んでいましたが、大間違いでした。

まず、神戸では何を着たらいいのか迷うほど弘前は寒くて、こちらに来る前に寄り道したので、2~3日前になるけれど、ストーブをつけたという気候の話から始まって、フェリシモの社長さんの「みんなが幸せになっていこう」という経営理念に意気投合したこと、そして、本題のリンゴに入っていく流れが、とてもスムーズでした。

リンゴは人間との関わりがすごい。
まず、アダムとイブでしょう。スマートフォンもアップルだし(次にそこに行きますかぁ^^)、ニュートンも白雪姫もリンゴでしょう。人間にとってリンゴは必需品なんですね、と。
この日はウイリアム・テルは出てこなかったかな^^。

詳しいレポートはいずれ、フェリシモのHPにアップされるようなので、止めておきますが、つかみはオッケーです。

すぐ、画像を見ながらの講演に入り、具体的で飽きさせないし、説得力があります。
そこここに笑いも起こります。

日本の食糧自給率の低さ、農薬・除草剤の使用量の多さ、世界最多347種もの合成添加物が許可されていることなど、このままでいいはずがないと不安が募ります。

自然栽培に携わっている人たちはTPPはこわくないと思っているという言葉にほっとしたりもしました。


今回の出席者はすでに、木村さんのこと、やってきたことをよく知っている方々が多かったようで、質問コーナーは少し、くだけた内容になりました。

●木村さんなぜ歯を治さないんですか? 
●宇宙人と仲良しだそうですが・・・? 
●夫婦円満の秘訣は? 等々

みな、木村さんらしく答えてくださいました。


最後にやりたいこと、夢は、

「自然農法の野菜を誰でも買える値段で、どこでも買えるようにしたい」

ことなのだそうです。



ぜひぜひ、実現して欲しい!です。

出席者からの一言が書かれたリンゴカードが木村さんにプレゼントされました。

りんご6






テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。