スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響楽団ひびき 第9回定期演奏会

5月26日(日) 尼崎市総合文化センターアルカイックホールで、交響楽団ひびき 第9回定期演奏会

曲目は―
M.ラヴェル◆ラ・ヴァルス―管弦楽のための舞踏詩―
H.ベルリオーズ◆幻想交響曲―とある芸術家の生涯のエピソード―

アンコールで―
M.ラヴェル◆組曲「クープランの墓」よりリゴードン

客演指揮/田中宗利さん

ひびき



交響楽団ひびきは関西圏の学生オーケストラ出身者を中心に結成されたアマチュアオーケストラだそうです。
2004年6月の発足ということですから、ちょうど10年目を迎えようとしています。

大勢参加している、客演メンバーの中には現役学生さんもいるのでしょうか、若いメンバーが多いように見受けられました。

1曲目、ラヴェルのラ・ヴァルスは英語でいうとザ・ワルツ
初めて聴く曲ですが、ウインナワルツのようで、とても軽やかで耳になじむ、聴きやすい曲でした。
でも、プログラムを読むと、「複雑な内容で、実際に踊るには不向きな曲」なのだそうです。


ベルリオーズの幻想交響曲は私の好きな曲です。とくに第2楽章の「舞踏会」ね。

1人のトランペッターが客席から見て左側の舞台上に出てきて吹いたり、オーボエが下手舞台そでで吹かれたり、上手舞台そでから鐘が鳴ったり、ヴァイオリンの弦を弓でたたいたり、チューバにミュートをはめて演奏したり、改めて幻想交響曲って、こんな風に演奏されていたのかと、興味深く聴きました。

ついこの間、「大作曲家の愛とその作品」という本を読んだところです。かなり古い本ですが・・・。

その中にベルリオーズも登場していました。
「ハムレット」でオフェリアを演じたハリエット・スミスソンに魅了され、言葉が通じなかったので、捧げた曲がこの「幻想交響曲」です。
ただこの恋、単純ではなく、紆余曲折をたどります。

23歳でひらめき、26歳で完成したこの曲。その成り立ちを知ると、180年以上前の曲ではなく、ついこの間恋する若者がつくった身近な曲に思えてしまいます。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

六月のごあいさつ

■emarchさま。
いよいよ六月です。
はやばやと梅雨入り宣言が出されて、
今年は、一体どうなっているのでしょうか。
ご自愛ください。  では、また。

★sohyaさま

おはようございます。
梅雨空のように、なんだかスッキリしない世の中です。
一人一人がしっかり生きることで、国の土台もしっかりすると、
思うんですけどね。
雨の日は家で静かに読書してたいです。
プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。