スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤鉛筆のアウトサイダー小幡正雄展、兵庫美術家列伝展

フィンランドのくらしとデザイン展と同時期に常設展示室で開かれていたコレクション展にも寄ってきました。
こちらは2月24日で会期は終了しています。

赤鉛筆1

赤鉛筆2


「コレクション名品選『こんな人がいた!兵庫美術家列伝』展」の展示室2は横尾忠則さんを特集。
1960~1970年代の名作ををそろえ、横尾さんの初期のパワーあふれる世界がひろがっていました。


展示室4では「小企画 赤鉛筆のアウトサイダー小幡正雄展」
強烈な印象を残す作品の数々が並んでいました。

神戸市にある知的障害者支援施設に暮らしていた小幡さんは段ボールをキャンバスに、大量の絵を描き続けていました。
それも、赤鉛筆1本で。

会場の一角には両側から削り込まれて小さくなった赤鉛筆も展示されていました。

赤鉛筆4

赤鉛筆3


膨大な作品は大掃除のたびに処分されていたのですが、絵を指導していた故東山嘉事さんが保存を強く勧め、こうして回顧展が開かれるほどの作品が残りました。

2010年小幡さんは66歳で亡くなっています。



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。