スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジと太陽

今年の初映画は「オレンジと太陽」。2010年のイギリス映画です。
気にはなっていたのですが、公開時は見逃して、自主上映されるのを見つけて観てきました。

オレンジ1

オレンジ2


イギリスで13万人もの子どもたちが、孤児院や養育が困難だと思われる親から引き離されて、遠くオーストラリアに強制移民させられ、過酷な労働や聖職者から虐待を受けたりしたそうなのです。
しかも、国の主導で、その行為は1970年まで続いていました。

「・・・そこでは毎日太陽が輝き、そして毎朝、オレンジをもいで食べるんだ」と言われて・・・。


実態を知ったソーシャル・ワーカーの女性が、身元を調べ、肉親を捜しだし、再会させます。
家族と離れたり、時には身を危険にさらしてまでです。


こんな、暗部をえぐり出したような映画なのに、しみじみとした思いにひたらせてくれるのは、途切れた彼らのルーツをたどらせようと必死になる善意の人間がいて、愛情を注いでくれた親がいたり、子どものころの自分を懐かしく語ってくれた人がいたことが分かるシーンがあるからです。

イギリス、オーストラリアの両国とも事実を認め、当事者に正式に謝罪しました。つい最近のことだそうです。


人間のイヤな部分を知ってしまっても、それを超える温かさ、優しさ、正義があることにホッとした映画です。



(スチル写真は映画.comのサイトから借用しました)





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。