スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うがった見方

文化庁の「2011年度国語に関する世論調査」の抜粋を新聞で読んであらら・・・です。
言葉の意味、私もみごとに間違ってました。

うがった


失笑する―は
笑いも出ないくらいあきれる、じゃなくて、こらえ切れず吹き出して笑う

にやける―は
薄笑いを浮かべる、じゃなくて、なよなよしている

うがった見方をする―は
疑ってかかる、じゃなくて、物事の本音を捉える

割愛する―は
不必要なものを切り捨てる、じゃなくて、惜しいと思うものを手放す

ことなんだそうです。


うがった見方をするは、「疑ってかかる」とは思っていませんでしたが、「物事の本質を捉える」とは少し違ったニュアンスも加えて使っていました。
割愛するは正しく使っていました^^よ。


でも、こちらが正しく使っていても、相手が間違っていたら、正確に伝わらないわけですから、「なるべく使わないでおこう」となってしまいます。

以前の調査で、「気の置けない人」が、「気を遣わなければいけない人」と思っている人が多いと知って、使うのをはばかるようになってしまいましたから・・・。



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
例えば肌色という言葉は何となく無くなりました。
過去に悪気がなくて生まれた言葉に関しては敏感に反応して
いるのに、こうして言葉の意味を平気で勘違いするのには
鈍感というのが何か不思議です。

★君平さま

こんにちは~。

そういえば、肌色は何年か前に問題になって使えなくなったんでしたね。
これは理由がちゃんとしているからいいのですが、
過剰反応で言葉狩りするのはよくないですよね。
プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。