スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けんとき〈上〉〈下〉(新潮社)~玉岡かおるさん

『負けんとき―ヴォーリズ満喜子の種まく日々』は日本で数多くの西洋建築を手がけた、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの妻、満喜子の生涯を追った小説です。

負けんとき


玉岡さんは、あえて評伝ではなく、小説として書き起しました。
満喜子以外の、多くの志を持った女性にもスポットを当て、時代の先駆者たちの苦悩や輝きを表現しています。

タイトルの「負けんとき」は満喜子が進むべき道に迷った時、母と慕う実業家・廣岡浅子から贈られた言葉です。
「勝ち組、負け組に分けるのじゃなく、皆が一歩譲り合って、でも負けずに共存する。・・・」


新潮社のPR誌「波」に玉岡さんとラグビーの大八木さんの対談が載っていて、こんなくだりがありました。

玉岡 タイトルの「負けんとき」という言葉に大八木さんはどういう印象を持ちますか?
大八木 負けてもええで、みたいなことですね。最終結果じゃないっていう感じですか?
玉岡 そうなんですよ。人の足を引っ張って勝たんでもええで、という意味ですね。大阪のおじいちゃんに聞くと、「大阪は勝たへん文化なんや」と言うんですね。勝つと泣く人がいる。だけど勝ち負けつけなければ負けなかったという事実が残る。そういう配慮のあるすごく優しい言葉なんですよね。
大八木 それはラグビーで言う「リ・トライ」、そして「ノーサイド」につながる精神ですね。
玉岡 まさに!


う~ん、なんとなく分かったような・・・。

今の世の中、個人でも、組織でも、国家間でも、勝ち負けをつけないと収まりにくくなっていますけどね。


ヴォーリズはキリスト教の伝道者としてアメリカから来日しました。その伝道の手土産として、メンソレータムを普及させました。
彼の手がけた建造物は現存しているものがたくさんあります。関西学院大学神戸女学院大学もそうなんですね。軽井沢にも多く残っているようです。
見つける楽しみができました。

また、その時は彼を支え、教育者として力を発揮した満喜子のことも、思い浮かべることになりそうです。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。