スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミーユ・ピサロと印象派

兵庫県立美術館で、カミーユ・ピサロと印象派展を観てきました。
会期は8月19日(日)まで。

ピサロ2

ピサロ3



冬場は冬眠していた「美(み)かえる」くん、この時期はそうとう暑そうです。
そうそう、兵庫県立美術館は9月22日まで、「クールスポット」に指定されていて、いろいろ特典があるようですよ。

ピサロ1


印象派の絵は誰でも受け入れやすい、穏やかな絵が多いですね。
戸外に題材をとって、風景や光、その中に組み込まれる人間の姿も、生活に密着して、とても自然です。


今回の展覧会の主役ピサロはフランス印象派をまとめ、精力的に作品を発表し続けた長老的立場の画家です。
この展覧会では国内外からピサロ約90点、モネ、シスレー、ルノワール、ゴッホ、セザンヌなどの作品を加えて、100点以上が展示されています。

目録を見ると、個人蔵も含め、多くの国、美術館から集められているのが分かります。


平日の午後(7/31)の館内はゆっくり鑑賞するのに、ほどよい混み具合でした。
作品紹介のパネルを一つ一つ読む余裕もありました。

そのパネルの一つにこうありました。
“この時代のある批評家のことばとして、「モネは最も巧みで大胆」、「シスレーは最も調和がとれている」、
「ピサロは最も真実味にあふれて正直」だと”

また「水浴の女たち」の説明には1893年から水浴図にも取り組むようになり、ヌードモデルを雇うのだが、要求が高すぎてモデルに逃げられ、ピサロは自分でポーズをとった、とあります。
1830年生まれのピサロは、このとき60歳を過ぎています^^。

また、イーゼルにクルマを取り付けて、「動くアトリエ」と呼んでたみたいです。


多作で子だくさんの、おもろいおっちゃん^^ピサロを、見直した思いの展覧会でした。

ピサロ4

ピサロ5

ピサロ6



今回も絵メールサービスを利用して家のPCにピサロの作品を送ってみました。

ピサロ7

ピサロ8

ピサロ9




また、「2012年度コレクション展Ⅱ」では、S.W.ヘイター展、祐成政徳展が開催され、常設展示室ではオランダ人芸術家トン・マーテンスさんの巨大なフロッタージュ(日本でいう拓本)「長田区の壁(紙のモニュメント)」が展示されています。

ピサロ10



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。