スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グェッリーノ・トラモンティ展

西宮市大谷記念美術館グェッリーノ・トラモッティ展を観てきました。
会期は5/27日まで。滑り込みでした。

トラモンティ1

大谷

トラモンティ3


ネコや海藻^^、身の回りの道具や食物などをモチーフとした陶板(盤)に焼き付けた作品や浮き出た色が面白そうで、行きたいと思っていた展覧会でした。

イタリア・ファエンツァ市の陶芸学校出身のトラモンティは初期から晩年まで作風の異なった絵画、彫刻、陶器、陶板画などを残しているのですが、やはり最晩年の作品に魅かれました。

油絵、陶板ともに、黒い線で縁取りされ彩色されています。
油絵の絵具には砂が混ぜられ、絵の表面にざらざらと凹凸があります。絵具の塗り重ねとは全く違った独特の仕上がり感です。

油絵と陶板画は同時進行で制作されたようで、同じモチーフが随所にありました。

「イタリア・ファエンツァが育んだ色彩の魔術師」というのが展覧会のキャッチフレーズになっていますが、多用されている紺色が何とも素敵でした。ネコにも紺^^です。


大谷記念美術館のもう一つの楽しみはお庭巡り。
今回は優勢^^であちこちで群生しているユキノシタ以外、目立った花は少なかったかな。


トラモンティはネコがお好き!

トラモンティ4


ユキノシタ

トラモンティ5

トラモンティ6

トラモンティ7


キショウブ ゴクラクチョウカ

トラモンティ8


ブラシノキ

トラモンティ9

トラモンティ10


セイヨウフイリダンチク 黄色いのはメキシコマンネングサ(今年は盛りは過ぎていました)

トラモンティ11








テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ六月になります

◆emarchさま。
いよいよ六月になります。
何ということもなく無為に日々を過ごしているうちに
はや六月になります。
とは言っても、歌集の上梓など、一般の人の経験しないことも
あることはあるのです。本は何冊か出しているのですが、
今回の歌集は書店、ネット書店のルートに初めて乗りましたので
「印税」なるものを少額ですが、初めて貰いました。
源泉徴収で、がっちり税金を引かれてますが。。。
ベストセラーの人はすごいだろうなと実感しました。
ところでアマゾンには、もう早々と六冊も「古本」として「売りに出されて」います。
もっとも、古本として出回ることは以前から経験していることですが、出回れば「買ってくれる人」も居る訳で、決して不満ではないのです。
今月も、よろしく。

★sohyaさま

こんにちは。
いよいよ暑くなって、電力不足不安をあおられている関西です。
乗り越えられるでしょうか?

どちらにしても、日本をつぶそうと思ったら、原発を乗っ取ったらいいわけで、
危うい国に住んでいるんだなーと、つくずく思います。

今月もよろしくお願いします。
プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。