スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百歳(飛鳥新社)~柴田トヨさん

まど・みちおさんの詩集「うちゅうの目」は長年の作品の中からのベスト版のようなものだけれど、柴田トヨさんの「百歳」は白寿を記念して出版された前作「くじけないで」後の作品を載せた、まさしく百歳の詩集です。

百歳


さすがに詩の本数は多くなくて、来し方の聞き書きや短歌などが含まれています。
たとえば、こんな歌。


カレンダーに医師の来る日の赤印
気持安らぎ会話たのしく

さまざまな事がありたる九十年
しっかり私生きてきました

我が余生幾とせなるのか知らねども
年あらたまりシクラメン紅し

友よりの電話うれしくお互いに
からだのことを気遣い終わる

淋しいと思えば淋しくなってしまう
だから元気なふりをしている

九十八夢のごとくに過ぎてきて
新年静かに迎える我は

叶うなら夢で会いたし彼の人に
ひめたる思い告げてみたりき


「きれいにしていたいの」と、鏡と口紅を手元に置いているというトヨさんは1911年、明治44年生まれです。
西暦でいうとピンとこないのですが、私の母も明治44年生まれでした。もう30年近く前に亡くなっています。


コンパクトを開いて、おしろいをはたく母の姿は覚えています。
ところが、口紅を塗った母の顔は記憶に残っていないのです。



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。