スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸市室内合奏団 うはらの郷コンサート

3月24日(土) うはらホール(東灘区民センター)で、うはらの郷コンサート

曲目は―
グリーグ◆組曲「ホルベアの時代より」
 前奏曲、サラバンド、ガヴォットとミュゼット、アリア、リゴドン
シベリウス◆カンツォネッタ
グリーグ◆2つのノルウェーの旋律
 牛寄せ歌と農民の踊り
シューベルト◆5つのドイツ舞曲
メンデルスゾーン◆「無言歌曲」より 春の歌、甘い思い出
メンデルスゾーン◆弦楽のための交響曲 第6番

アンコールで―
メンデルスゾーン◆歌の翼に

うはら



この日(3/24)は春のお彼岸も過ぎたというのに冷たい風が吹きつけて、毛糸の帽子をかぶりたいような一日でした。
コンサートのテーマの、春への憧れ~北欧の名曲と中欧の若き天才たち~を身をもって感じました。

このごろ演奏者本人が上手に司会をすることが多い中、決してうまいとは言えない作曲者、曲目紹介がありました。時代や作曲の背景のレクチャーを受けて演奏を聴くと、少しは理解が深まるような気がして、私は簡単な解説を聞くのは好きですね。
プログラムにも書いてはあるのですが、読んでもなかなか頭に入ってきませんから。

事前に解説を聞いたことで、先入観になってしまうといえばそれまでですが、ノルウェーグリーグフィンランドシベリウスの曲だと思いながら耳をすますと、音自体がひんやりと透き通った感じに聞こえるのが不思議です。


プログラム後半の天才たちの作品で「5つのドイツ舞曲」はシューベルトが16歳のとき、「弦楽のための交響曲6番」はメンデルスゾーンが12歳のときの作品だそうです。
そんなことを知ると、まだやわらかな肌をした少年が取り立てて苦悩もせず、わいてきたメロディーをそのまま譜面に書き込んだような、若々しさ明るさをイメージしてしまいます。


演奏会が終わってホールを出ても、やっぱり外には冷たい風が吹いていました。



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。