スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸市室内合奏団設立30周年記念シリーズ

12月9日(金) 神戸文化ホール 中ホールで神戸市室内合奏団第348回定期演奏会

曲目は―
C.P.E.バッハ◆弦楽のための6つのシンフォニア 第2番
F.J.ハイドン◆オーボエ、ファゴット、ヴァイオリン、チェロのための協奏交響曲
 オーボエ/青山聖樹さん、ファゴット/河村幹子さん、ヴァイオリン/白井圭さん、
 チェロ/伝田正則さん
F.J.ハイドン◆交響曲 第93番 
指揮/ゲルハルト・ボッセさん

ボッセ



「18世紀からロマン派へ~ライプツィヒの音楽家たち~」という年間テーマの元に進められてきたシリーズも終盤です。

ハイドンに大きな影響を与えたC.P.E.バッハは大バッハの次男です。
ハイドンは交響曲の父、弦楽四重奏曲の父といわれ、おびただしい数の曲を生み出し、あらゆる階級の人々に愛されたそうです。

実際、ハイドンが亡くなって200年以上経った現代の人間にも、しっくり入り込んできます。

指揮のボッセさんは今年89歳、脇を支えられて指揮台に上がり、椅子に座っての指揮になりました。
背中はだいぶ丸くなりましたが、大きな手は健在です。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。