スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会の花と木―四季を彩る植物のはなし―(中公新書)~田中 修さん

人が住む場所に、ごくごく普通に見られる、花や木の出自や特徴を著した本です。

都会の花と木1


知っていたこともあれば、へ~っ、そうだったんだということも。

たとえば・・・

「いろいろな色の花を咲かせる植物の種類は多いが、真っ白、真っ赤、真っ黄、真っ青の4色を咲かせることができる植物はそう多くない。ヒヤシンスは珍しく、この4色を咲かせることができる植物である」とか。


エノコログサは二酸化炭素を効率よく体内に取り込み、水の消費量ま少ない」とか。
それで、ほっておくと、すぐもりもり群落をつくるんですね。

都会の花と木2

都会の花と木3



ベゴニアの葉っぱ葉の中央の軸に対して、左右対称ではない。また同じ株に雌花、雄花が咲く雌雄同株の花である」とかね。
ゴーヤやキュウリなど実が生るものは分りやすいけれど、鉢花でも雌雄同株があったんですねー。

都会の花と木4


2枚の花びら(正確にはガク)が大きいほうが雄花です。
小さめの花が雌花です。

都会の花と木6

都会の花と木5



書評にあった著者のことばです。
植物は、エライ。人間の科学が進んでいるっていうんやけど、光合成のまねもでけん。ちっちゃな葉っぱ1枚に勝てない」



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。