スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜂 蜜

トルコ映画「蜂蜜」を観てきました。

蜂蜜Yahoo!


2010年第60回ベルリン映画祭で金熊賞を受賞した作品です。
賞をとったからもありますが、興味がわいたのは、字幕を担当したのが、大阪外国語大学でトルコ語を学んでいる学生3人だと知ったからです。

内容の地味さからか、公開予定がないことを知った彼らが、字幕をつけて上映会を開こうと、版権を持つドイツの会社やカプランオール監督と折衝して、学術研究用を条件に翻訳と上映の許可を得たのだそうです。

最終的には、日本の映画配給会社が配給権を取得したのですが、学生たちの翻訳が字幕に採用されたそうですよ。


せりふは少ないのですが、とても「音」の豊富な映画です。
風の音、水の流れる音、お湯がわく音、草がそよぐ音、鳥のさえずり、蜂の羽音、雷鳴、雨の音、床のきしむ音、時計の秒針が動く音、お茶を刈るハサミの音、ストーブの中の薪がはぜる音・・・・・、自然の音だけで、最後の最後まで、全く挿入曲が入りません。


映像もとてもきれいでした。トルコというと褐色の高原をつい想像してしまうのですが、少年ユスフが暮らし学ぶ環境は緑の山の中です。
6歳の小さな男の子は周りの人たちの深い愛情の中で育ちます。少年も周りの誰もが大好きです。


いい映画だと思っても再度観ることはないな、と思う人が多そうな映画ですが、私はパルシネマで上映してくれたら、もう1回観に行っちゃいますね。

少年が夜バケツに映った満月を両手ですくえなくて、直接口をつけるところなんて、忘れられないシーンです。


思い入れがあって行ったにもかかわらず、シネコンで、
ミツバチ、シニアで1枚」なんて言って、
ハチミツですか?」と聞き返されてしまった私です。


(写真はYahoo!映画から借用しました)




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

トルコと言うとトルコ料理を連想します。
と言っても、どんな料理があるのか知らない。仏国料理など欧州の料理の基礎になったイメージがあるのですが確かなのかは分かりません。

数日前にラジオで「蜂蜜」のことを紹介してました。音楽を使わずに自然の音だけで映画が出来てると聞きました。
>いい映画だと思っても再度観ることはないな、と思う人が多そうな映画ですが、私はパルシネマで上映してくれたら、もう1回観に行っちゃいますね。
僕は良い映画って・・・何回繰り返して観たかだと思う。もう一度観たいと思わなければ良い映画のはずがない。案外、2度目、3度目の方が感情移入しやすいしね!。
ラジオで紹介した人の案内が上手だったので、観たい気持ちにもなったけど、僕は邦画しか観ないので、想像するだけで終了します。

★筑紫平野さま

こんにちは~。お久し振りです。
私は、本と映画はよいと思っても、まずリピートしませんね。
ただ、前にもどることのできる本はいいのですが、
映画は映画館で眠ってしまったら、どうしようもない。
年齢のせいか、集中力が途切れるんです。
そこで、このところ、名画座で、再度観ることが増えてます。
「蜂蜜」は映画館で眠らなかったけど、また観て見たいと思った
珍しい^^例です。
プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。