スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヨナラ、つかこうへい 蒲田行進曲

新開地の神戸アートビレッジセンターKAVCホールで、劇団風斜第59回公演サヨナラ、つかこうへい蒲田行進曲を観てきました。

蒲田行進曲


格闘技(実際に見たことない^^のだけれど・・・)を見ているような舞台でした。

つかこうへいさんが62歳で亡くなって1年が過ぎました。
つかさんのオリジナルがどういうものだったのかは知りませんが、銀四郎/風間杜夫さん、小夏/松坂慶子さん、ヤス/平田満さんの映画は観ています。

いつだったのか確かめてみたら、映画の公開は1982年、もう30年近く前のことだったんですねー。そんなに前のことだったとは思えないほど、印象が強く残っている作品でした。


今回の舞台、小夏役のりえ。さん、ヤス役の高井幸康さん、まさに体当たりの演技でした。
たとえ、効果音がついての殴る蹴るシーンとはいえ、身体にアザなどできたんじゃないかと、いらぬ心配をしてしまいましたよ。

階段落ちは客席の階段を利用して、照明と効果音を組み合わせて、上々に仕上がって、全員で歌う「蒲田行進曲」で、ハッピーエンドです。


舞台はカットのない長回し。情熱と集中力で創り上げていくんですね。


老体の私にはちと刺激過多、疲れも感じた舞台でした。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。