スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国・大連への旅・・・2

4月16日から3泊4日で、中国は大連を旅してきました。

帝政ロシアの統治時代にパリをモデルに設計された中山広場は円形で直径約220m。
この広場を中心に主要道路が放射状に延び、ロータリーの周りに20世紀初頭に建てられた欧風建築が並んでいます。

あいにく今は、地下鉄工事のフェンスがかなりの部分をふさいでいて、周囲を360度見回すことはできませんでした。


大連ヤマトホテル(大連賓館)

中山1

中山2


大連市役所(中国工商銀行)

中山3


旧文化倶楽部(中国光大銀行)

中山4


旧横浜正金銀行(中国銀行大連市分行)

中山5


関東逓信局(大連市郵政局)


中山6

朝鮮銀行大連支店(中国人民銀行大連市分行)

中山7


大連金融大厦(英国領事館があった場所に新しく建てられた)

中山8



最後に旧ヤマトホテル内を見学して、旧日本人街へ向かいました。

中山9


大連賓館の前では結婚式用の写真の前撮りをしているカップルがいましたが、
ここでも写真を撮っているカップルを見かけました。

中山10



日本人街といっても、新たに欧風に建て替えられた家が多く、どの家に当時日本人が住んでいたのかは分りません。

中山11

中山12

中山13

中山14

中山15

中山16



角川書店のPR誌「本の旅人」4月号に、映画監督の山田洋次さんが終戦後の昭和22年まで住んでいた大連の家を訪ねたインタビュー記事が載っていました。
この近辺で多くの日本人が生活していたんですね。




阪神・淡路大震災の復興の経緯は、私が住んでいる地域は地震当日の夕方に電気が復旧したのを覚えている以外、記憶があいまいです。
ブログを更新するときに、東日本大震災関連の記録を残しておくことにしました。

4月20日(水)
福島県飯舘村小・中・幼、入学・入園式
ソフトバンク孫社長「脱原発の財団」設立、私費を投入



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。