スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

……じゃあ、行ってくる。

(6月29日)
「行かんとこうかな」と何回か言った。

このところ家事は手抜きだ。
○○の練習もとどこおってる。
図書館で借りた本の返却日が迫っている。
甲子園の阪神―巨人戦の中継も見たい。

でも、夫は「ナブッコの序曲はいいから、行ってきたらいいやん」と。

で、行ったのは吹田市文化会館メイシアター大ホール、関西大学交響楽団のサマーコンサート。
曲目はヴェルディの歌劇「ナブッコ」より序曲、ベートーヴェンの「レオノーレ序曲第3番」、ドヴォルザークの「交響曲第9番<新世界より>」。
私のようなクラシックビギナーにはピッタリのメニュー。

ヴェルディとベートーヴェンは学生指揮、「新世界より」は客演指揮の井村誠貴さん。
学生指揮はそれぞれ女子学生。うしろ姿もカッコよく、あがるふうもなく、気持ちよさそうに振っている。
新世界は管のソロも目立つので、緊張しただろうに、見事に仕上がっていた。プロの指揮者の指導ってほんとにすごいと思う。
関大はさすが学生数も多く、オケのメンバーはほぼ自前で、客席も満員だった。

さて、チケットを買おうとホールの入口でサイフを取り出して、「当日け……」と言ったとこで私の腕を取って引っぱった人がいた。10メートルほど引っぱられたところで彼女が言うには、
「チケット持ってはる?」
「いいえ」
「じゃあ、これ使って」
「私がそちらにお払いするんですか?」
「いいの、いいの。招待券たくさんあるから使って!」
「あ・ありがとう。じゃあ、遠慮なく」

学生さん、500円をケチってごめんなさい。多分、出演者のお母さんだろう方、ありがとう。
「新世界」見事でした。やっぱり行ってよかったコンサートだった。




AUTHOR: sohya DATE: 07/01/2004 08:34:05 emichan/suさま。
お早うございます。
いよいよ7月になりました。
快調に入力がお進みのようで、お慶び申します。
今月もよろしく。
では、また。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。