スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東山魁夷展へ

5月23日、六甲アイランドの小磯記念美術館の中西利雄展へ夫と車で出かける。特徴のある水彩画を描く画家だ。
そのあと私だけ兵庫県立美術館に寄る。東山魁夷展の最終日だ。意外にすいている。ところどころ絵に添えてある東山さんの文章も十分見て歩ける。前日は1万人の入館者があったそうだ。

この美術館は週末の金土は午後8時まで開館している。私もゆっくり見られる金土を時々利用する。この東山展にも来た。だから今回は特大画面の映像コーナー、ボランティアによる東山作品のレクチャーなども愉しんできた。

「私は若い頃、自分の求めるものを遠くへ探しに行きましたが、或る年齢に達して、漸く自分の立っているところを深く掘り下げようという気持になってきました」

「山かげ」という絵に添えられたこんなコメントを読むと、「何かしなければ」と徒にあせる必要はないんだなと、ぐうたらな私はほっとする。


AUTHOR: Regent DATE: 06/15/2004 22:35:31 東山魁夷、私も好きです。ところで、あの唐招提寺の障壁画ですが、本物なのでしょうか?一度唐招提寺で見たことがあるのですがあれを取り外したとは思えないのですが。。。

コメントの投稿

非公開コメント

Regentさま
関連のHPを見ましたが、本物っぽいですけど……。
神戸は部屋そのものにしつらえたように展示されていましたから、そのまま奈良に運んだってことでどうですか?

私も兵庫県立美術館の東山魁夷展いきました。
唐招提寺の障壁画は本当に素晴らしかったですね。
難しいことはわかりませんが、ひたすら圧倒されました。
プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。