スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(4/30) 堀文子いつくしむ命展 

香雪美術館特別展「堀文子いつくしむ命」を観てきました。
会期は5月5日までです。

堀1


阪急御影駅南東にある香雪美術館は緑に囲まれて、駅近くとは思えない静かな美術館です。

堀3


堀文子さんは今年92歳を迎える日本画家。
小学館発行の雑誌「サライ」に書き下ろしの絵と文を連載しています。

堀2


その原画37点を含め、1950年代~2009年までの作品、約100点が展示されています。
ところどころに、堀さんが綴った文章も併せて展示されているのですが、その中にこんな一文がありました。


私は人生の折り返し地点は50歳。
そこからは、残る時間を人にゆずらず、自分の決めた目的に向かって進むしかないと思いました。
50歳ならまだ、まったく別の専門家になれるくらいの体力と判断力もあります。
ですから50歳からあとは迷ったり、あたりに気を散らすことなどもう許されないと考え、
50からあとの新しい暮らしに踏み切りました。
都市生活を捨て自然のなかで暮らしはじめました。



庭の草花や雨上がりのクモの巣にとどまる水滴、ガラス瓶の中のミジンコやゾウリムシに目を輝かせる堀さんは、私の尊敬する人生の先輩です。

堀4




スポンサーサイト

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

(4/29) 薬師院(ぼたん寺)のボタン

明石市魚住の薬師院ボタンの花を見に行きました。
境内のボタン専用園では約50種2000株が所狭しと咲き誇っていました。

ぼたん1


ボタンは日除けのヨシズやパラソルの下で丹精込めて育てられています。
ちょうどきれいに咲いている状態のボタンが多く、うれしい花見になりました。

ぼたん13

ぼたん3

ぼたん4

ぼたん5

ぼたん6

ぼたん7

ぼたん8

ぼたん9


ボタン園の公開中は地元の檀家や講に所属するご婦人たちが、タコめしやお団子、手芸品などを境内で販売しています。
園内にある、ビルケースやケーブルを巻いていたものを再利用した椅子が温かい雰囲気をかもしだしています。

ぼたん10


ボタンの下には季節の花々も育てられているんですよ。

ぼたん11


本当に美しい、見事なボタンです。

ぼたん12

ぼたん2



ボタン園の公開は5月1日まで。
薬師院は078-942-0330



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

(4/28) 花壇からはみ出した花々

オオキバナカタバミと同じように、もともとは栽培されていた花が逃げ出して、野生化しているものがあります。

今日とり上げた花も、私の持っている庭の花の図鑑と、道端の花の図鑑の両方に出ています。

ツルニチニチソウ、キョウチクトウ科です。
葉っぱに斑が入ったものもあります。

野生1

野生2


シャガ、アヤメ科です。

野生3

野生4


ハナニラ、ユリ科です。

野生5


ムラサキハナナ、アブラナ科です。

野生6

野生7


ヒメツルソバ、タデ科です。

野生8

野生9



3月11日~4月24日の間に撮った写真です。


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

(4/27) オオキバナカタバミ~花壇で、道端で。

カタバミより4~5倍大柄^^なのが、この、
オオキバナカタバミ(カタバミ科)です。

カタバミ1


陽が射すと花を開き、かげると傘のようにくるっと花びらを閉じます。

カタバミ2


このオオキバナカタバミ、花壇や植木鉢に植えられていることもあれば、道端に咲いているのも見かけます。

花柄が長いところと、葉っぱに斑点があるのが特徴です。

カタバミ3


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

(4/26) 春の道端の黄色い花々

お日さまが照って、雨が降って、散歩道にはもりもり草が育っています。
その中に、「こっちおいでよ」と誘っているような小さな黄色い花々です。

イヌガラシ、アブラナ科です。

黄花1


ノボロギク、キク科です。

黄花2


オニタビラコ、キク科です。

黄花3


ジシバリ、キク科です。

黄花4


ハルノノゲシ、キク科です。

黄花5


タンポポ、キク科です。

黄花6


コメツブコメクサ、マメ科です。

黄花7


カタバミ、カタバミ科です。

黄花8


アカカタバミ、カタバミ科です。

黄花9



写真は4月14日~23日までに撮ったものです。


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

(4/25) マツバウンラン~薄紫のノッポさん

この時季、散歩道でよく見かけるのが、
マツバウンラン(ゴマノハグサ科)です。

マツバウンラン4


外出先のマリンピア神戸の駐車場のはずれでも、たくさんのマツバウンランが細長い茎を伸ばしていました。

マツバウンラン1

マツバウンラン2


花が海蘭(ウンラン)に似て、葉っぱが松のように細いのが名前の由来だそうです。
根元に葉っぱが広がっているものもありますが、大部分は地面から直接長い茎が出ています。

マツバウンラン3




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

(4/24) 洗濯できる靴

5月、6月と、結婚式のおよばれのある娘のお衣装^^をみつくろいに、マリンピア神戸に行って、めでたく気に入ったものをSALE価格で買うことができました。

わたしも、せっかく行ったのだからと、靴とサイフを買ってきました。
靴はちょっと不自由な足のこともあって、ペタンコでピッタリしたものです。

くつ


とっても感じのいい店員さんで、2足買いました。
キズがあるからと、1足はさらに値引いてくれました。
ちょっと若者っぽ過ぎるかしら?


何とこの靴、洗濯機で洗える!んですよ。


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

(4/23) ハンドクリーム

初夏になったり、夏になったり、冬にもどったり、すっきり春になりきれないこの4月でした。

お休み前に、まだ使ってるのは、瓶入りの薬用ハンドクリーム

ハンドクリーム1

いつもと違うものを買ってみたら、私の経験の中でハンドクリームの色にはなかった真っ黄色でした。

ハンドクリーム2


この黄色はビタミンB2〈リボフラビン〉の色なんですって。
尿素5%ってあるもんだからねー。なんとなくねー。


テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

(4/22) 介護うつ お姉ちゃん、なんで死んじゃったの(ブックマン社)~清水良子さん

清水良子さんの姉、清水由貴子さんは

良ちゃん
母ちゃんを連れていく事
許して下さい。
天国で良子の幸せ見守ってます。
母ちゃんの部屋に手紙があります。
よろしくお願いいたします。
じゃあね。
さよなら。
ごめんね。


の、メールを良子さんに送信しないまま自ら命を絶ちました。
ちょうど1年前のことです。

介護うつ1


お母さんを連れていかなかったのはせめてもの善の心の表れだったとは思うけれど、ほめることはできません。
結果的に、要介護5で失明もしている母親を雨の降り続く墓地に、一晩置き去りにしたわけですから。

清水由貴子さんのスター誕生という番組からのデビューや、小池邦夫さんとNHKの絵手紙講座に出ていたことを、実際に観ていただけに、テレビ画面から受ける明るさと、最期の無残さには大きなギャップを感じました。

介護うつ2


幼いときからご苦労の多かった由貴子さんが、別の世界で安らかに暮らせていたらいいのですが・・・。
小池さん以外に、絵手紙を出せる相手がたくさんいたらよかったですね。


介護の問題はもはやひたひたと身近に迫ってきています。
介護するのも、されるのも・・・です。

心の準備をちゃんとしておかなければいけませんね。



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

(4/21) ご近所の八重桜

今年は行けるんじゃないかと思っていた、大阪造幣局の桜の通り抜け
気がついたら昨日(4/20)で終わってました。

行けなかったのは残念でしたが、我が家のお散歩圏内にもけっこう八重桜が植えられていて、ゆっくりお花見ができました。


八重桜1

八重桜2


下の写真、手前は薄黄緑色のギョイコウザクラです。

八重桜3

八重桜4


ほとんど人がいなくて、桜一人占めでした。

八重桜5


この記事に使ったのは、4月15日と20日に撮ったヤエザクラです。

八重桜6

八重桜7



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。