スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと、おでん

昼間は春を思わせる陽気に、
「おでんは似合わないだろー」だったけれど、

今夜は「おでん」

日が落ちて、それなりに寒くなって、よかった。よかった。

ずっしり中身が詰まってて、カラッと揚がったがんもどきがないと、つくらない(―オットがうるさい)。

いつも買い出しに行ってた街の市場のお豆腐やさんが、昨年あたりから、がんもは注文があったら作る、みたいになってしまって、なかなか買うチャンスがなかったんです。

普段、食事の注文は「種類と量を少なめにしてね」だけだから、まあいいか。
私は大根と人参をせっせといただきます。




続きを読む»

スポンサーサイト

ラミーの季節(^^)

この時季、スーパーのチョコの棚には季節限定の洋酒チョコレート

レーズンをホワイトラムで漬けたラミーのアルコール分は3.7%
チョコの中にコニャックV.S.O.P.が入ったバッカスのアルコール分は3.2%

ラミーより、バッカスがいいと言う人もいて、今年はバッカスも食べてみたけれど、私はやっぱりラミーが好き。

ということで、毎月1日は「ダイエット決心の日」ということで、
滑り込みで食べちゃいました。




続きを読む»

tan tan 誕生日!

25歳の誕生日(―ふ~、早いもんです)を職場で迎えた娘です。

帰宅ができなかったので、翌晩クラシックの生演奏が聴ける、三宮駅前の
ピア・ジュリアンでお祝いしました。
テーブルチャージと出演者によって、ミュージックチャージがかかります。


この日の出演は大阪センチュリー交響楽団の若きコンサートマスター、
本田雅音
さん。

ちょうどこの日、1月28日が24歳の誕生日だそうです。
ご友人たちが誕生日ケーキを用意して、お祝いしていました。
こちらにはケーキ回ってきませんでしたけど・・・(申告してませんしね)。

演奏したのはG線上のアリア、タイスの瞑想曲、ツィゴイネルワイゼン、バッハの無伴奏ソナタなど。病み上がりでしんどそうでした。



アルコール類のほか、お腹を満たす食事もできます。

大根の和風サラダ、これがとっても甘い大根でした。ツナと玉ねぎのピッツァ、茄子のトマトソースパスタをいただきました。


デザートは場所を変えてアイスクリーム


1月26日~27日を宿直で迎えた彼女。

子どもたちにも祝ってもらった初めての誕生日でした。
写真は担当している小6、Rちゃんがせっせと編んでくれたガーター編みのマフラー

時間切れで少々短かったようですが、とっても暖かそうですね。


続きを読む»

タコ八ッツァン

煮干しでダシをとろうとしたら、おやタコ八ッツァンじゃありませんか。
けっこう大きめの煮干しの中に混じっていて、両手広げてcm以上ありました。

このごろは少ないのだけれど、チリメンジャコのパックの中にも、爪の先ほどの、エビやタコやタツノオトシゴが入ってることもありますね。

普段は生協のダシパックと昆布でとることの多いダシですが、年末煮干しを補充したところに、たくさんいただいたのが重なって、今、せっせと使っているところです。

子どものころ食べていた味噌汁には煮干しは入ったまま、頭もとってありませんでした。もちろん、煮干しも食べさせられました。おいしくなかった・・・。

骨の噛み合わせ^^の悪いところはあるのですが、骨密度はまあまあなのは、煮干しのおかげかもしれません。




続きを読む»

七草がゆ

別に胃もたれなどおきてないのですが、夕飯のご飯を七草がゆにしてみました。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら(はこべ)、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(だいこん)のパックです。


おやおや、はこべの量が突出しています。

昔ははこべを道端から摘んで、ニワトリ小鳥によく食べさせましたね。



しっかり草の味がするおかゆになりました。

草を食む牛になった気分^^です。


続きを読む»

クリームパンダ

小さい子たちへのお年玉袋にイラストを貼ってくれていた娘が、
「この子は知らない」と、言うのです。

娘がアンパンマンを見ていたころには、いなかったキャラクターのようです。


この子です。娘は連想できませんでしたが、このグローブのようなパンの形だったら、クリームパン以外の何物(者^^)でもないでしょう。

アンパンマンのサイトを見ると、やっぱりクリームパンでした。
しかも、目にも特徴があって、クリームパンダ

アニメでは1998年4月に登場したそう。カスタードの国からきた男の子で、得意技はグー、チョキ、パンチなんですって。


小さい時から朝食はご飯党で、3食米飯が多かった(今もですが・・・)娘は、いわゆる日本式菓子パンを食べる機会がありませんでした。

私も神戸に来てからは焼きたてパンがおいしくて、こういった菓子パンを手にすることがほとんどなくなっていました。

チョコレートパン、メロンパン、ジャムパン、クリームパン。
スーパーの棚にしっかり伝統的な菓子パンが並んでいました。



今朝から、私が朝食に賞味期限を見ながら少しずついただいているのですが、苺ジャムもチョコレートクリームもとってもおいしいのです。

だから、何十年も生き残ってきたんでしょうね。


私が買ったこのクリームパンは、グローブの形がはっきりしていなくて、クリームパンダがグー^^してますね。

クリームパンダのおかげで懐かしい味を味わえました。


新しい日本パン工業会のサイトでは見られないのですが、パンの実用分類がネット上にあったので、コピペしました。

社団法人日本パン工業会が作成したパンの実用分類
(1)食パン
 ?ホワイトブレッド 
 角形食パン、山形食パン、コッペパンなど
 ?バラエティブレッド
 ベジタブルブレッド、フルーツブレッドなど
 ?テーブルロール
 バターロール、ホットドックロール、ハンバーガーバンズなど
(2)硬焼パン
 ?ハードブレッドおよびハードロール
 フランスパン、ドイツパン、イタリアパンなど
 ?バラエティハードブレッドおよびバラエティハードロール
 ライブレッドなど
(3)菓子パン
 ?あんパン等
 日本式菓子パン(あんパン、ジャムパン、クリームパンなど)
 欧米式菓子パン(クロワッサンなど)
 ?揚げパン
 リングドーナツなど
 ?蒸しパン
(4)その他のパン
 上記3分類に属さないもの マフィンなど




続きを読む»

お菓子、おいスイーツ!

新年2日の親類の集まりに、いつも姪がおいしいスイーツを持ってきてくれます。

今年は王様エッグの手作りプリンキャトリエンム ショコラ・シンショコラ奏


このロールケーキは別の姪の手作り。


ケーキやパン作りの腕前はプロ級です。


持ち寄ったお菓子をお土産にいただいてきました。

いっぺんに食べないように注意しなきゃ。


これがショコラ奏です。

オーナーシェフの小山進さんがかつて働いていたハイジのアルハンブラの完成度を高めた作品なんですって。




続きを読む»

パティシエ エス コヤマのソーセージのようなカタチのフルーツブレッド

エスコヤマの焼き菓子セットをいただきました。

その中で棒状にしっかり、かっちりくるまれていたのが、ソーセージ風フルーツパン


ソーセージというより、ハムのようにタコ糸でしばられ、グラシン紙で包まれ、さらにアルミホイルでくるまれ、一番内側はラップが巻かれています。

で、十二単^^をぬがしてみると、フルーツケーキのようですが、名前のとおり味はパンなのです。


ところが日が経つにつれ、粉糖や生地がしっとりしてきてシュートレンのようになりました。あっさり、食べきってしまわないでよかった~。

エスコヤマは街なかをはずれた郊外のお店なのに、駐車場に入るにも1時間、2時間と待つことがあるほど、人気のあるケーキ屋さんです。




続きを読む»

まほろばのパン

毎週土曜日の午後にだけ、近くのスーパーの店頭に、まほろばのパン屋さんがお店を出します。

タイミングが合えば、お気に入りのパンを買ってきます。

製造は社会福祉法人まほろば。

ファンが多く、店開きの時は、商品を並べるのと、レジうちと同時進行の時があります。作っている人たちを応援したいのと、商品を運んできて販売してくれるお兄さんの人柄のせいでしょうね。

この間の土曜日も、
「いつもありがとうございます。今年は今日で終わりです。来年もよろしくお願いします」と、一人一人にあいさつしながら商品を渡していました。

パンを選んでから支払い、袋に入れて渡してくれるまで、3回ぐらい、「ありがとうございます」が出るので恐縮するほどです。


今日、生協に注文した商品が届くのは、もう来年に入ってから。お店で買ってくる商品の消費・賞味期限も2009年の日付のものが増えました。

テレビ番組でも「今年はこれで最後です」という言葉がよく聞かれるようになりました。

どうしましょう。今年もやり残したことが多いです。




続きを読む»

紅みかん

毎週火曜日は近くのスーパーの店頭に野菜とフルーツが並びます。
少し安めだから、生活防衛でよく利用します。

紅みかんは以前からあったようだけれど、買ったのは初めて。
伊予柑みたいな皮の色です。

甘さがくどくなくて、好きですこの味。
普通の温州みかんと並べると、オレンジ色が濃いでしょう。

きゅうりの値段が高止まりしているけれど、生鮮野菜は今のところ手ごろな値段で流通しています。生産者、流通・小売業者のみなさんのおかげですね。


ところが、昨日のニュースにはガッカリ。生産者の写真付きパッケージが不正だったなんて。
産地偽装にさらに偽装の上塗りでしょうがっ!
いいものには、ちゃんとお金出すのにねぇ。
ヒルトン東京のフランス料理店「トゥエンティワン」の材料の産地の不当表示にもあきれました。




続きを読む»

これも、そのまんま

いちご好きにとって、いちごの流通期間が長くなったのは、とってもうれしいこと。今年も少し安くなったのを待って買ったのは12月12日。

年明けて、5・6月ごろまで、普通に買えるかな。



あらぁ、これにも“そのまんま”

東国原知事、国政に打って出る気、大ありで、出るからには閣僚かトップ(首相)と言ってるそうだけれど、その時、今の政党勢力はどんな風になってるでしょうね。






続きを読む»

お豆腐使って・・・。

不景気は昨日今日始まったわけではありません。

我が家がある集合住宅の1階のアーケードの店舗のシャッターは、もう10年以上も前から、開いたり、また閉じたり、閉じたり、閉じたり・・・です。

先週、その空き店舗を利用して、近くの大学の学生たちが、地域を活性化させようと、チャレンジショップを2店オープンしました。


1つは無料で使える、講習会用の貸し集会室。
もう1つは1個100円の豆腐ドーナツとコピーサービスの店です。

この地区が開発されて約30年、住民は高齢化しました。せっかく大学が開学しても、広い道路で分断されていることもあって、交流することがほとんどない状態でした。

ドーナツ店は1日1万円の売り上げを目指しているんですって。
1日100個かぁ。達成できそうな数字ですね。

いつの間にかかじったのは娘です。サクッ、じゃなくてモチッっとした食感です。




豆腐といえば、売り場面積がじわじわ広がっている男前豆腐店
パン売り場にも進出です。男前豆腐店クリームパン
もっとも、発売元は敷島製パン(Pasco)なんですけどね。

パン生地と中のクリームに男前豆腐が使われているそう。
クリームは白あえのあえごろも^^のようで、お豆腐の味がしっかりしました。

焼いて食べた生地はおいしかったけれど・・・。ど~んなもんでしょっ。



続きを読む»

ノニ・・・、えも言われぬ・・・。

この秋行った沖縄旅行で買い求めたノニ果汁の栓をつい先日開けました。

うぅっ・・・。おぇ・・・。
えも言われぬといったら、普通いい香りと続くところだけれど、今までかいだこともない、説明しようのない異臭、悪臭

色だけ見たら、赤ワインのようなのに・・・。

どこかの道の駅で、5250円のところ、半額になっていたので、オットが手に取ったもの。

原液をひとなめしたけれど、この臭いでは鼻をつまんでも飲む気がしません。
オットは蜂蜜を入れ、お湯でわって(よけい臭い)飲んでます。


ノニは熱帯植物で、沖縄でもヤエヤマアオキとして、栽培されているようです。

このボトルはクック諸島原産。太平洋クック諸島では何千年以上もノニは活用されてきたのだそうです。

驚異的な生命力をもった植物のようで、植えつけてから10ヶ月後には最初の実を結び、その後は3ヶ月おきに、実がなるんですって。

さすがに箱には具体的な効能は書いてありませんが、Web上では高血圧や糖尿病、免疫力の強化、アンチエイジングに効く・・・などと書き込まれたページがありました。

逆に人によっては健康被害例もあったと載っていますので、ノニに興味があって、ノム^^勇気のある方は、くれぐれもお気をつけて、召し上がってください。



続きを読む»

喜八洲総本舗のみたらし団子

12日水曜日まで、そごう神戸店開かれていたはなまるマーケットおめざフェア

生活習慣病におへその辺りまでつかっているので、こんなふうな「おいしいもの展」には片目をつぶるつもりが、大阪・十三、喜八洲総本舗のみたらし団子に、つい両目を開けてしまいました。

十三はオットの生誕の地^^
「喜八洲って知ってる?」って聞いたら、
「近所だったから、狸饅頭(揚げ饅頭らしい)買ってよく食べた」というわけ。

ちょうど話題にした日の新聞に、喜八洲本舗の創業者、中田治吉氏が105歳で亡くなって、社葬を知らせる広告が出ていて、因縁を感じて・・・。
という理由をつけて、買ってきました。

注文を聞いてから焼いて、タレをつけてくれます。

お団子は小ぶりで筒型
タレたっぷりです。ちょっと、甘めで、私はもう少ししょっぱいタレが好きかな。



で、なぜかそごうから大丸にまわり、屋上の誰もいない山の見える広場で、みたらし団子をパックンしたのです。

ビルとビルの間から、六甲の山腹の紅葉がちらちら見えていたので、大丸の屋上だったら、パノラマが広がると思ってました。

雲ひとつない青空、市章山の、まだ緑が勝る中で、ポツンポツンとが鮮やかです。

こんなことしてる場合じゃない。紅葉見に行かなくちゃ、と、この日の予定を変えました。




続きを読む»

プラッシー

この夏、ブログでよく取り上げられていたプラッシー
内容はなつかしい米屋で売られていたが2大ポイントです。

期間限定のわりにはいつまでも売られています。
家の近くでは見かけなかったけど、街に出たらよく寄るスーパーに置かれていたので、何本か買ってみました。

10%温州みかん果汁入りで、昔ながらのプラッシーの再現ではないんですね。名前の由来どおり、健康果実にプラスCです。

発売50周年記念のプラッシー(もちろん生まれてましたよ)。
50年前の貧しかった我が家に、お米といっしょに配達してくれるプラッシーなど、買う余裕はありません。

だから、味の懐かしさは持っていませんでした。

のどの渇きは水で補うもの。
ジュースは渡辺ジュースの素を水で溶くのが、精一杯のぜいたくです。

渡辺製菓の製品だったかどうか記憶にないのですが、ある日、コーラの素というので、コーラ初体験しました。

今まで味わったことのない味覚でした。まずいを通り越していました。
思わず吐き出して、その後長いこと、本物のコーラも飲めませんでした。

沖縄でルートビアを飲んだとき、なぜか懐かしかったのは、そんな経験がよみがえったからでしょうか?

コーラやコークハイで鍛えられてましたから、ルートビア、吐き出さず、おいしく飲んだんですけどね。





続きを読む»

蒟蒻畑

マンナンライフの蒟蒻畑は、以前食べたことがあるなぁといった程度のつきあい^^でした。

「こんにゃく畑は一時
製造を中止します」


というCMを聞いたときは、食べ物をのどに詰まらせる事故は他の食品が圧倒的に多いのに、気の毒だなぁと思うと同時に、(何でうちばかりが・・・)といううらみ節が少々加わっているなと感じました。


その後、関西ローカルの情報番組で、マンナンライフ社の売り上げの9割(8割りという説も)を占める商品の生産が中止になって、企業も税収が見込めなくなる自治体も困惑している様子が放送されました。

選挙区こそ違いますが、福田前首相のお膝元、群馬県の会社なのに、救いの手はなかったんでしょうかね。

ただ、過去の死亡事故を受けて、原材料の配合や容器を変えたことはなく、あくまでも他社の同様製品との差別化をねらっての商品の弾力性やハート型だそうです。

この放送のあと、近くのスーパーで蒟蒻畑をさがしたのですがすでになく、コンビニにコンビニ仕様の製品が残っていました。

食べてみたら、たしかにこのねっとりさと大きさは小さい子どもや高齢者には危険かもしれないと思いました。

「吸い込むな」とは書いてあるのですが、容器を押して吸い込むのは本能に近い動作です。
私など、よく食べ物でむせるので、気をつけなきゃいけません。

昨日の読売新聞夕刊に、2006年は、食べ物を詰まらせて、4407人(うち8割が65歳以上)が亡くなっているそうです。

蒟蒻畑は商品棚にも、袋にも「お子様や高齢者の方はたべないでください」と書いてあります。
それでも食べて人が亡くなりました。むずかしい時代です。

蒟蒻畑、おいしかったですよ。でも、なくても禁断症状は出ないお菓子ではあります。



続きを読む»

黄色い朝食

朝食にはフルーツを添える我が家です。
バナナはフツーにいただいていました。

だから、急にお店からなくなったときは、燻蒸事故かなんかで、で流通が止まったのかと思いました。

こんな、お衣装を着せられて、バナナさまになっちゃったみたい。




続きを読む»

平介茶屋~かまど炊きごはんが、おいスゥーート

灘の酒蔵観光施設の一つ、こうべ甲南武庫の郷

その中に甲南漬資料館があります。
この建物の設計は、御影公会堂の設計にもたずさわった清水栄二氏。
昭和5年に完成しました。

もともとは甲南漬の製造で成功を収めた高嶋平介商店の2代目当主邸として建てられたものです。


資料室とともに、お食事処「平介茶屋」、酒泉「木瓜」などが入っています。

平介茶屋は畳にお膳。
お庭に面していて、どこかのお宅におじゃましたような雰囲気で、お食事がいただけます。

この日は静かな雨の日で、庭の緑がいきいきしていました。


10月のメニューは、
季節のサラダ、甲南漬変わり盛り合わせ、さわらの味噌漬、煮物、かまど炊きごはん、味噌汁でした。


かまどで炊いた炊き立てのごはんと旬のお漬物、無添加でゆっくり熟成させた味噌を使った味噌汁、焼き魚まで、熱々で出てきました。

煮物は月見きんちゃく、具だくさんです。

この日はというか、いつも朝食が遅く、おひつに入ったお替りようのごはんを、全部食べきれなかったのが悔やまれるほど、おいしいごはんでした。


初めてご利用のお客様の特典!というのが、この刻み漬

HPに情報が載ってます。よく確認して出かけてくださいね。


続きを読む»

黒大豆枝豆

スーパーに出てて、思わず手にしてしまった黒大豆枝豆

duo家のレシピゆで上がっても冷水にとらないの部分を大いに参考にしてゆがいてみました。

枝豆はおいしかったけれど、相変わらずビールはおいしいと思えない^^私でした。


続きを読む»

秋の色、秋の味。

今年は源氏物語千年紀だそうな。

4・5年前に瀬戸内寂聴さんの源氏物語・現代語訳全10巻を読破した(中身はほとんど忘れてるでしょうけど・・・)オットが、京都まで、寂聴さんの特別講演を聴きに行ってきました。

ちなみに私は読んでいません。源氏物語は教科書で習った程度。

今年86歳の寂聴さん、13歳のときに与謝野晶子訳を読んだそう。
早熟ですねぇ。
その後、谷崎潤一郎訳を読み、円地文子訳は少しお手伝いしたとのこと。

で、ご自分も読みやすい現代語訳を上梓されたわけです。これがけっこうブームになって、その後さまざまな源氏物語関連の著作が出てますね。

寂聴さん、ケータイ小説「あしたの虹」も執筆(?)、単行本化されてますね。といっても、かなり、若い人のサポートが加わってるみたいですけれど。

その元気さ、いろいろ^^負けてます。勝つ必要はないけれど、好奇心の持ちようはいいなぁと思います。


京都のお土産には何か和菓子とリクエストしたら、高島屋の地下で買ってきてくれたのがこれ。
どこにも屋号が分かるものがついてなかったので、どこのお菓子か分かりません。

柿のほうのあんには干し柿を刻んだものが入っていて、紅葉のほうは栗あんでした。
なんて繊細!ありがたくいただきました。




続きを読む»

モーニングトマト

トマトが好きでよく食べるのですが、この日のトマトはシールつきでした。

なになに「シールは食べられません」って。
あたりまえじゃん、と思いつつJA茨城旭村のサイトにとんでみました。

ラベル?を入力すると・・・。
モーニングトマトという品種名や生産者の顔写真、収穫日が出てきました。

トレーサビリティ=追跡可能性があるよ、ということね。
作っている人の顔が分かるだけでも少し安心です。

汚染米問題で、太田農水相が辞めることは勝手にしなよ!という気持ちだけれど、白須敏明農水事務次官は辞めたら、かえって楽(らく)させちゃうんじゃないかしら。
ちゃんと解決してから退職金返上して辞めてよねと言いたい気分。

ただの不正とはわけが違います。残留農薬と毒性の強いカビですよ。

話はとぶけれど、米国産牛には「BSE」のほかにも、「ヨーネ病」、「ホルモン剤」という問題があるそうです。

農水省は、国民の食の安全をしっかり守ってちょーだい!




続きを読む»

お安くランチ

娘の幼稚園時代(ほぼ20年前)のママ友だちとランチしてきました。

クォリティホテルの1階、ディアナのランチはメインは10種の中から1品と、サイドメニューはお替り自由で1000円です。

クルトンが多いって?
ついつい多めによそってしまう、田舎者です。


メインは芝海老の衣揚げ、オーロラソースを選びました。
マヨネーズとトマトケチャップのオーロラソースは少し甘めでした。

ランチはぴったり1時間で終わらせました。というのも、メンバー4人のうち1人が著書執筆中で、あまり時間がないとか。

スタンダールだったか、ボードレールだったか・・・。
いずれにしても著名人の新訳と解説書。

私の友人で学者さんは珍しい^^です。



残った3人は場所を替えて、港に面した大学構内の学食へ。

神戸学院大学のレストラン ジョリ ポーは天気がよければ最高のロケーションの中にあります。

しかも、この洋梨のシャーベットがなんと250円、ランチメニューもお手ごろ価格です。






続きを読む»

どこがモディリアーニ?

モディリアーニ展を観た国立国際美術館の入口にレストランクイーン・アリス アクアの案内がありました。

「モディリアーニ展」記念コースがあるんだそうです。これは外せません。

前菜は夏野菜サラダ


営業時間は11:00~17:00です。

絵画を観てから、せめて2時間いや1時間でもいいから長く、営業してほしいところです。閉館と同時に終わるなんてねぇ。

メインは真鯛のグリル香草風味ソース


デザートにはレアチーズケーキ、カシスのシャーベット添え

選びました。


何種類かのメニューの中から選べるコースなんですけど、普通のフレンチメニューで、あまりモディ(ジ)リを感じませんでした。

真鯛のグリル、おいしかったです。だからかまいません。


やり遂げましたね。北京というより、中国オリンピック


続きを読む»

トウモロコシご飯

冷蔵庫の中で、ちょっと日が経ってしまったトウモロコシ
ご飯に炊き込んで、プチプチの食感と甘みを味わっていただきました。

枝元なほみさんのレシピでは豚肉を焼いて、甘辛タレをからめたものに、野菜を添えてありましたが、和風のおかずでも合いました。

米2合に、塩小さじ1/2、トウモロコシ1本分の実をけずって一緒に炊くだけ!






続きを読む»

ゴーヤ好き

ゴーヤ好きな私です。

きのうはデパ地下のパーラーで、ゴーヤアップルジュースとフルーツサンドをいただきました。

ゴーヤには疲労回復・夏バテ防止の効能があるんですって。

疲労するほど働いていない私ですが・・・、おいしくいただきました。




続きを読む»

姫路駅で冷たい「えきそば」

姫路駅のホームに降り立つと素通りできないのが(オットがね)、「えきそば」のお店です。

SINCE1949ってことは・・・、同年配^^です。


黄色いそばに、和風だしというのが特徴で、昨年、夏場の売り上げ減を補うためか、「冷たいえきそば」を売り出しました。

今まで、タイミングが悪くて味わえなかったので昨日、いただいてみました。

汁そばで冷たいのは珍しいですよね。
トッピングはけずりぶし、揚げ玉、ネギ、南高梅です。

まぁ、ふつーのお味だったということで・・・。


姫路へはアメデオ・モディリアーニ展を観るために行きました。

姫路市立美術館は駅からバス停で3つ分ぐらいの位置にあるので、いつもは歩いたり、片道だけバスに乗ったりするのですが、この暑さです。

城周辺観光ループバス「お殿様」号を利用しました。


昨日はちょっとがっかりしたことがありました。いつも身につけている万歩計が気がついたらないのです。

万歩計、よくなくすんです。
昨年は春に、播州山崎花菖蒲園でもなくしました。写真を撮るのに立ったり、しゃがんだりするときに、ポロンとはずれるんでしょうね。

昨日なくした万歩計は、ドイツ、オーストリアを一緒にタップリ歩いてきたのに残念です。


続きを読む»

シンシア

毎週火曜日は近くのスーパーの店頭で、野菜・果物の安売りデー

じわじわ値上がりが進む中、安易に生鮮食品の値を上げない、小売業の努力に頭が下がる。

でも、きっとどこかで、音を上げている人たちがいるんだろーな。


このシンシアはフランス生まれで、長崎育ち。
シェリーやドロシーもいるんだそう。

今夜のポテトサラダはこの娘でつくってみるか。




続きを読む»

シソジュース

「暑っ、身体が融けそう」

えっちら、おっちら、坂を登ってたどり着いたお宅で、
目の前にシソジュースです。

なによりのおもてなしでした。




続きを読む»

ポテトサラダ

ドブログ村で流行り中のポテトサラダはこれっ!

不良中年さんとmichikongさんのところで記事になっていたポテトサラダを作ってみました。

どんな作り方でも、失敗なく、おいしいポテトサラダはできるけれど、このレシピの特長は、人参の色がとってもきれいなところと、つぶし過ぎないじゃがいもの存在感かな。

人参好きだから、もっと入れたいぐらい。
というか、材料の量はテキトーで、きゅうりはだいぶ多めです。

参考までにレシピはここ

写真はすこしボケましたが、湯気のせい^^ではありません。




続きを読む»

スイカ大好き!

michikongさんはあまり、召し上がらないようになったそうですが、私は今も昔もスイカ大好き!です。

シーズン中はいつも1玉買いをしたいところですが、冷蔵庫に入り切らないのがネックになって、カットされたスイカを買っています。

ところが1玉980円、しかも5%引きとあれば、迷わず手が出ました。
1/6カットで398円とか、ものによっては498円もすることを考えたら、ここで買わなきゃいつ買うの?といったところです。

で、冷蔵庫の棚の都合で、縦に(縞と同じ向き)に3つに切って、どうにか収めたところです。平らなのと、お椀がた2つね。

これでしばらくは、スイカ大尽^^です。




続きを読む»

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。