スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伏見稲荷大社は大賑わい

3月8日~10日まで京都に2泊してきました。

その京都1回目の記事が3月12日の淀水路のカワヅザクラ
横道にそれたりして、やっと京都ぶらぶら歩き、最後の記事です。

淀から京阪電車で京都方面に向かう途中の伏見稲荷駅で下車して、伏見稲荷大社にお参りしました。
駅を降りるとまるで初詣でのような賑わいです。

外国人さんを多く見かけました。
2年連続外国人に人気のスポット第1位にランクされているんですって。

伏見1

伏見2

伏見3

伏見4

伏見5



千本鳥居をくぐって三ツ辻を通り、さらに登ったのですが、途中でギブアップです。

伏見6

伏見7

伏見8

伏見9

伏見10

伏見11

伏見12

伏見13

伏見14

伏見15



下山は別ルート。上があいた間あき鳥居です。

伏見16

伏見17


滞在時間は1時間半ほど、参拝客はまだまだ続いていました。

伏見18

伏見19




スポンサーサイト

テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

京都水族館、ロームシアター京都

3月8日~10日までぶらぶら歩きした京都
2日目の9日は天気予報どおり、朝から雨です。

朝食をゆっくりいただいてから、タクシーで京都水族館に向かいました。
いつもは、バス一日乗車券やICカード利用なんですよ。


京都水族館は一度行ってみたいところでした。
イルカスタジアムのショーの時間には少し遅れましたが、ペンギンオットセイアザラシのお食事タイムにちょうどぶつかりました。


イルカスタジアムは遠足の幼稚園児たちで満員でした。
東寺と新幹線を背景にイルカのショーという、他の水族館には見られないロケーションです。

エイ1

エイ2


エイの顔を見たら、思わずニッコリしたくなります。

エイ3


ちょっと気味悪い姿のチンアナゴも、個性的な衣装^^をまとって、意外と人気者です。

エイ4

エイ5


ケープペンギンも必死にご飯をねだっています。

エイ6


3月23日(水)まで開催中の「雪とくらげ」
ふわ~り、ふわふわ、見ているぶん^^には優雅なクラゲです。

エイ7

エイ8

エイ9


かいじゅうゾーンにはオットセイアザラシ
オットセイには耳様のものがついていて、アザラシにはないんだそうですよ。

エイ10

エイ11

エイ12


スタートが遅かったので、美術館などは閉館時間が迫っています。
今回はパスすることにしました。
またタクシー利用でロームシアター京都にまわりました。

その中の施設「ミュージックサロン」で小澤征爾音楽塾の関連資料を公開していて、先日グラミー賞の最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞したラヴェルの歌劇「子どもと魔法」のDVDを流していました。
字幕なしだったので、チンプンカンプンでしたが、なんとなく雰囲気だけは^^分かりました。

エイ13


私たち夫婦はこんなふうに計画を細かく立てずに出かけるのが常です。



(3/9撮影)



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

淀水路あたりをぶらぶら歩き・・・。

3月8日~10日まで、京都に2泊してきました。

淀水路とその周辺にはカワヅザクラの外にも、春の花が咲いていました。


ハクモクレン

川辺1


ヤマブキ

川辺2


アシビ

川辺3


竹林ツバキ

川辺4

川辺5



ヤマモモ

川辺6


ヒイラギナンテン

川辺7


ツバキ

川辺8

川辺9




(3/10撮影)



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

淀水路のカワヅザクラ

3月8日~10日まで、京都に2泊してきました。

1泊目、ホテルの部屋でローカルニュースを観ていたら、淀水路カワヅザクラを取り上げていました。
予定なしの旅のいいところです。できたら行ってみようと決めました。


旅した順とは後先になりますが、3日目に淀水路に向かいました。

このところよく利用する、お京阪^^の特急に三条から乗車。
ホームで並んでいた人に最寄りの「淀駅」に停まると聞いていたのですが、車内放送では中書島の次は樟葉と言っています。

樟葉は枚方市、行き過ぎです。中書島で普通に乗り換えて次の駅が淀です。セーフ。

淀の駅からはのぼりが立ち、順路の矢印が掲げられていました。
念のため、地元の方に声をかけたら、近道を教えてくれました。

競馬がある日でも淀には停まらない電車も多いんだそうです。

よど1

よど2

よど3


水路に着きました。
始めは狭いし、花を落とした木が多いなぁと思いました。

ところが、カワヅザクラが植えられていた場所は思いのほか広範囲で、サクラ以外の花も楽しめます。
京都のソメイヨシノの開花はまだまだ先なので、思いがけずお花見ができました。

よど4

よど5

よど6

よど7

よど8

よど9

よど10



野の花です。
スミレ

よど11


ナズナ

よど12


ホトケノザ

よど13


ヒメオドリコソウ

よど14


ツクシ

よど15



よど17

よど18

よど16

よど19

よど20




(3/10撮影)





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

紅葉の京都で・・・こんなん食べてきました。

11月11日~13日の京都ぶらぶら歩きで、こんなものいただいてきました。

京都の老舗のおだし屋さんが開いたうどん屋うね乃で肉ネギうどん。
お茶は炒り番茶です。

うどん1

うどん2

うどん3


三嶋亭ですき焼膳

うどん4

うどん5

うどん6



うどん7


朝食は1回目はバイキングで洋食メニュー

うどん8

うどん9


2012年、天皇皇后両陛下が行幸啓されたときお休みになられた曼殊院のお茶席で、お茶とお菓子をいただきました。
座られた椅子はもちろん違いますが、場所は同じでご覧になられた風景は一緒^^です。

うどん10

うどん11



新京極の高山という食堂です。
おばんざいという看板と人だかりで入ってしまいましたが、フツー^^の食堂です。

うどん12


朝食2回目は和定食

うどん13

うどん14


うどん15



花見小路楽楽でおやつ

うどん16

うどん17

うどん18


京都で最後の食事は京やさい料理接方来京都駅ビル店でいろいろ注文してシェア

京野菜天ぷら

うどん19


大原卵の京野菜オムレツ

うどん20


和野菜の揚げ出し

うどん21

うどん25


高原但馬鶏とごぼう釜めし・赤だし

うどん22

うどん23


京湯葉プリン、これは絶品でした。

うどん24





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

紅葉の京都で・・・鴨川べり散歩

あと少し京都アルバムは続きます。

11月12日朝食後、散歩に出ました。
ジャケットなしでも、歩き始めたら汗ばむほどの暖かさです。

木屋町通りを途中から先斗町に入りました。

ぽんと1


歌舞練場

ぽんと2


以前、入ったことのあるお店は見当たりません。

ぽんと3


羅賀亜ですって。この秋、さぞかし盛り上がったことでしょう。

ぽんと4


四条大橋のたもとから、鴨川の河原に下りました。

ぽんと5


カワウ

ぽんと6


三条大橋の下で撮影のようです。

ぽんと7


あらっ、神田正輝さんと片平なぎささんです。
立ち止まって写真を撮るのははばかられたので、歩きながら1枚シャッターを押しました。

ぽんと8

ぽんと9


通り過ぎてから近くにいた人に、「写真を撮ったらまずいですよねぇ」と声をかけたら、
「そうですね。呼ばれて来ている者でも写真は撮らないように言われてます。このごろすぐ、ネットに上げるんで。でも、通りすがりということで撮る分にはいいんじゃないですか」ですって。

おやぁ、出演者さんでした。トラさんかなぁ。

何でしょう? 2時間ドラマ?
遠景ですし、楽しみに放送を待つ視聴者が1人でも増えたということで、ブログ掲載許してもらいましょう。


11月になってももりもり、河原のピラカンサ

ぽんと10



コサギ

ぽんと12


アオサギ

ぽんと13



丸太町橋まで歩きました。
サクラ紅葉がきれいです。

ぽんと15


橋そばに旧京都中央電話局上分局の建物を利用したFRESCO河原町丸太町店。

ぽんと16


どこでも目立ってたのはナンテン

ぽんと17




(11/12撮影)





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

紅葉の京都で・・・円山公園あたり

11月11日~13日まで、京都をぶらぶら歩きしてきました。
先月の京都の旅がとっても快適だったので、また行きたくなって・・・。

幸い、その時と同じホテルに泊まれることになりました。
京都の紅葉は色づき始めたといったころでした。



京阪東福寺から京阪線で祇園四条へ。
京都の東はじ行ったり来たり^^。

最後には円山公園まで行こうと、大回りでぶらぶら。

花見小路
行ったとこどこでも(レンタル)着物で歩く女性たち、男女のカップルがいました。
その方たちも中国語しゃべってる人多かったですよ。

円山1


人力車も大人気。

円山2


悪縁を切り良縁を結ぶ安井金毘羅宮
縁切り・縁結び碑(いし)
私がくぐったらお腹がひっかかりそう。

円山3


ハゼノキ

円山4

円山5


京都霊山護国神社に向かう道はながめただけ。

円山6


シロミノナンテン

円山7


八坂の塔

円山8


八坂庚申堂金剛寺

円山9


円山公園

円山10


坂本龍馬・中岡慎太郎像

円山11

円山12


フユザクラ

円山13

円山14


サザンカ

円山15


ドウダンツツジ

円山16


知恩院も遠くからながめただけ。

円山17


ガマズミ

円山18


イチョウ

円山19


八坂神社

円山20

円山21




ふ~っ、よく歩きました。



(11/13撮影)





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

紅葉の京都で・・・東福寺

11月11日~13日まで、京都をぶらぶら歩きしてきました。
先月の京都の旅がとっても快適だったので、また行きたくなって・・・。

幸い、その時と同じホテルに泊まれることになりました。
京都の紅葉は色づき始めたといったころでした。

京都3日目は東福寺に行きました。
今回の旅で、一番紅葉が進んでいました。

でも、鮮やかさのない紅葉だなぁという感じ。
東福寺に限らず、色づきがまだらだし、紅葉していても、葉が傷んでいるように見えました。

とはいっても、紅葉は美しいです。
東福寺では中国語が飛び交っていました。中国・台湾からの旅行者多いです。



民家のお花にも目がいってしまいます。
皇帝ダリア

東福1


うごめいているみたいなピラカンサ

東福2

東福3


臥雲橋から通天橋方向を見たところ

東福4


逆に通天橋から臥雲橋方向を見たところ

東福5

東福6

東福7

東福8



開山堂

東福9

東福10

東福11


紅葉越しの本堂、三門

東福12

東福13

東福14

東福15

東福16

東福17

東福18



最勝金剛院

東福19


東福20

東福21


ツワブキ

東福22


三門

東福23


チャノキ

東福24


本堂

東福25





(11/13撮影)



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

紅葉の京都で・・・詩仙堂、八大神社

11月11日~13日まで、京都をぶらぶら歩きしてきました。
先月の京都の旅がとっても快適だったので、また行きたくなって・・・。

幸い、その時と同じホテルに泊まれることになりました。
京都の紅葉は色づき始めたといったころでした。



圓光寺の次に回ったのは詩仙堂です。
凹凸窠(おうとつか)という、でこぼこした土地に建てられた住居に中国の古い時代の詩家36人の肖像画掲げられた一室があって、そこが詩仙堂です。

しせん1

しせん2


高低のある、唐様庭園がきれいです。

しせん3

しせん4

しせん5

しせん6

しせん7

しせん8

しせん9


ウメモドキの実

しせん10


しせん11

しせん12

しせん13

しせん14




隣り合う八大神社に寄りました。
宮本武蔵が吉岡一門と決闘した当時の一乗寺下り末松の古木が保存されています。

しせん15

しせん16

しせん17





(11/12撮影)



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

紅葉の京都で・・・圓光寺

11月11日~13日まで、京都をぶらぶら歩きしてきました。
先月の京都の旅がとっても快適だったので、また行きたくなって・・・。

幸い、同じホテルに泊まれることになりました。
京都の紅葉は色づき始めたといったころでした。


圓光寺は徳川家康にゆかりのあるお寺です。
曼殊院から向かう道も花や実がいっぱいです。


コムラサキホトトギス

えん1


吊るし柿とピンクのリコリス

えん2


ミカンに、カキに・・・。

えん3


ナンテンシロミノナンテン

えん4


圓光寺に着きました。

えん5


ハゼノキ

えん6


奔龍庭

えん7

えん8

えん9

えん10

えん11

えん15


家康公の墓

えん12


洛北を一望

えん13


切り株から芽

えん14


ここにもナンテン

えん16



申し訳ないと思いつつ、道すがらついカメラを向けてしまいます。
いつも、こんな風に観光客の目にさらされているのは、さぞうっとうしいでしょうね。

えん17

えん18



(11/12撮影)



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

紅葉の京都で・・・鷺森神社、曼殊院

11月11日~13日まで、京都をぶらぶら歩きしてきました。
先月の京都の旅がとっても快適だったので、また行きたくなって・・・。

旅の2日目は洛北一乗寺エリアを回りました。

まず、参道の紅葉が美しいという鷺森神社へ。
紅葉はスポットできれいなところがあるような状況。
参道の両側に民家がせまっていて、そこで育てられている花があふれだしているのがいいな~。

さぎ1

さぎ2


実がもりもりのカナメモチ

さぎ3

さぎ17




そのあと、曼殊院に向かいました。
里山の道は時々車は通るのですが、のどかでした。
ゆっくり、のんびり歩きました。

さぎ4

さぎ5

さぎ6


サネカズラ

さぎ7


ホンダにカマキリ

さぎ8


さぎ9

さぎ10

さぎ11



曼殊院のお庭

さぎ12

さぎ13


フウの黄葉。

さぎ14

さぎ15


やわらかな稜線です。

さぎ16




(11/12撮影)





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

紅葉の京都で・・・鞍馬寺

11月11日~13日まで、京都をぶらぶら歩きしてきました。
先月の京都の旅がとっても快適だったので、また行きたくなって・・・。

くらま1


幸い、同じホテルに泊まれることになりました。
京都の紅葉は色づき始めたといったところでした。



1日目、京都駅前にあるホテルのウエルカムラウンジから、荷物だけ先にホテル行きです。
細かい予定は立てていなかったのですが、新聞で、叡山電鉄鞍馬線で、「もみじのトンネル」がライトアップされていると読んだところだったので、洛北・鞍馬寺に向かいました。

出町柳からきらら号で鞍馬へ。
途中、もみじのトンネルのところでは減速してくれます。
往路はどうにか撮れましたが、帰路のライトアップの写真はムリでした。

くらま2

くらま3

くらま4


神戸を出たのが11時ごろですから、午後3時過ぎ、山あいの鞍馬寺はもう、薄暗くなっています。

くらま5

くらま6


つづら折りの参道を休み休み登って行きました。

くらま7

くらま8

くらま9


ネットでは紅葉は色づき始め、ということだったのに、針葉樹が多い山の中の紅葉は半分終わってるような感jじでした。

本殿金堂は標高410m。阿吽の虎^^です。
お参りはしたのですが、本殿金堂の写真、撮り忘れ^^ました。
(HPではこちらに山内案内があります)

くらま10

くらま11

くらま12


京阪電車でホテル最寄駅にもどりました。
最近バトンタッチした新おけいはんの出町柳けい子さんです。

くらま13




(11/11撮影)



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

平安神宮と神苑

10月21日~23日まで行ってきた京都。
下鴨神社上賀茂神社ときたら次は平安神宮でしょう。
ということで、時代祭の日に入れなかった平安神宮に行きました。

へいあん1


應天門

へいあん2


大極殿

へいあん3


蒼龍楼

へいあん4


左近の桜

へいあん5


右近の橘

へいあん6


神苑に入りました。
みごとに花のない^^時期でしたが、静か^^でした。

日本最古の電車です。

へいあん7


フジバカマ

へいあん8


白虎池

へいあん9

へいあん10

へいあん11


臥龍橋

へいあん12


サウジアラビアから来たというカップル

へいあん13

へいあん14


栖鳳池

へいあん15


泰平閣(橋殿)

へいあん16


京都国立近代美術館東側のモミジバフウが紅葉していました。

へいあん17

へいあん18

へいあん19




(1枚目の写真のみ10/22、その他は10/23撮影)



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

下鴨神社・上賀茂神社

下鴨神社上賀茂神社に行ってきました。

といっても、今年式年遷宮を終えた両神社のライトアップ見物ではなく^^、21日~23日に出かけた京都の旅の備忘録です。
京都行きからもう10日も経ってしまいました。

まだ紅葉には早かった京都も少しずつ紅葉が進んでいるでしょうね。



下鴨神社

木々が生い茂る糺(ただす)の森。長い参道を抜けて、本殿に向かいます。
糺の森は鴨川と高野川が合流するする地にあって、ニレ科の樹木を中心としているそうです。

じんじゃ1

じんじゃ2

じんじゃ3

じんじゃ4

じんじゃ5

じんじゃ6

じんじゃ7

じんじゃ8

じんじゃ9

じんじゃ10

じんじゃ11


瀬見の小川

じんじゃ12



上賀茂神社

じんじゃ13

じんじゃ14


奉納劇「降臨」の舞台ができていました。
作・演出が宮本亜門さん、語り部は小雪さんとありました。

じんじゃ15

じんじゃ16

じんじゃ17

じんじゃ18


ならの小川

じんじゃ19


二葉姫稲荷神社

じんじゃ20

じんじゃ21

じんじゃ22


庭園渉渓園とスダジイの大木

じんじゃ23

じんじゃ24




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

京都府立植物園・・・3

10月21~23日まで、秋の京都をぶらぶら歩きしてきました。

半日では回りきれない京都府立植物園

かなりはしょって回るしかありませんでした。
北山門近くのワイルドガーデンの花々と、バラ園の秋バラ、コスモスなどです。


ヒャクニチソウ

バラ1

バラ2


トウガラシあれこれ

バラ3

バラ4


ヒマラヤスギ

バラ5


バラ園には約250品種、約2000株のバラが育てられています。

バラ6

バラ7

バラ8

バラ9

バラ10

バラ11



園内で、結婚写真の前撮りカップルを見かけました。
いい天気でよかったですね。

バラ12



コスモスが見ごろでした。
この頃は、コスモスも八重が増えたんですね。

バラ13

バラ14

バラ15

バラ16

バラ17

バラ18






(すべて10/21撮影)



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

京都府立植物園・・・2

10月21~23日まで、秋の京都をぶらぶら歩きしてきました。

21日、京都府立植物園でボランティアガイドさんの案内を1時間ほど受けたあと、観覧温室に向かいました。


クスノキの並木

おんしつ1


シナマンサク

おんしつ2


大きなハリモミの木

おんしつ3

おんしつ4



観覧温室前の鏡池にはヤノベケンジさん、増田セバスチャンさん、高橋匡太さんのコラボレーションで制作されたパンテオン~神々の饗宴が展示されています(展示は10/25まで)。

この巨大な花の女神「フローラ」は高さ約4.5mですが、立ち上がると約6.5mにもなるのだそうです。

おんしつ5

おんしつ6

おんしつ7




観覧温室内は1年中、花が絶えることはありません。
花の名前は舌を噛みそうに長いものが多く、割愛します^^。

おんしつ8

おんしつ9

おんしつ10

おんしつ11

おんしつ12

おんしつ13

おんしつ14

おんしつ15



昼夜逆転室で咲いていたサガリバナ

おんしつ16

おんしつ17


おんしつ18


おんしつ19




(すべて10/21撮影)







テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

時代祭の京都へ

10月21~23日まで、秋の京都をぶらぶら歩きしてきました。
今年夫が大病して、遠距離、長期間ましてや飛行機利用の旅行はなかなかできません。

そこで、いつもは日帰りの京都に、泊まりがけで出かけようということになったのですが、急に決めたものですから、ホテルがとれません。もっとも、ホテル直だったり、お金に糸目をつけなければ、いくらでもあるのでしょうが、庶民感覚度が高い^^老夫婦なものですから・・・。

ところが、よく利用している旅行代理店をのぞいたら、朝食つきのリーズナブルな企画があっさり買えました。
実は時代祭を目当てにしたわけではなく、たまたま泊まりたい日に時代祭が重なっていたのです。

京都2日目、22日は時代祭です。ラッキーでした。

しかも、西側にあるホテルの部屋から、京都市役所前を通る時代祭の行列が見えます。
このホテル、鴨川と東山が見える東側の部屋は料金が高いのです。
こんなところも、この日に限ってはラッキーでした。

で、私が立てた計画は京都御所をスタートした行列が市役所前を通るのを上から見たあと、ゴールの平安神宮に向かおうというものです。

夫は別行動で、ずっとホテルのそばで見ていたようです。

先頭が来ました。13時20分ごろ。予定通りです。

時代1

時代2

時代3

時代4


下に降りました。やっぱりよく見えないわー。

時代5


平安神宮の最寄り駅、地下鉄東山駅を出たら、わ~、まさに先頭が目の前を行進しているところでした。
あいにく、逆光の位置です。

時代6

時代7


にっこにこの京都府知事京都市長

時代8


平安神宮方向へ歩きながら見ました。

時代9

時代10


おうおう、疲れましたか。

時代11

時代12

時代13


神宮の前まで行ったら人だかりで見えません。

時代14


何の木でしょう。きれいに紅葉していました。

時代15

時代16


この日は平安神宮や神苑に入れません。
戻ることにしました。

時代17


グループがどっと帰って空いたところがあったので、そこでしばらく見ることにしました。

時代18


巴御前は女性で1人だけ馬に乗って行進だそうです。

時代19


清少納言紫式部

時代20


いよいよ行列も最後のほうです。

時代21

時代22


白川女さん

時代23


ふ~っ、終わりました。15時30分です。

時代24




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

なばなの里へ・・・1

記事のアップが後先になりましたが3月12日、なばなの里へ日帰りバスツアーに行ってきました。

というのも、2月から3月にかけて盛んにテレビで流されたCM、
「梅と桜を一緒に楽しめるのは今だけ」
ということばに大いに反応してしまったのです。宣伝効果って大したものですねー。

同時に開催されている、ウインターイルミネーションを見てから帰途につくバスツアーなので、三宮を遅めの11時に出発、アウトレットパーク ジャズドリーム長島に寄って、なばなの里着は16時30分、陽がかげるころでした。

それでも、ほぼ満開の枝垂れ梅と、7・8分咲きの河津桜を十分花を楽しめました。
宣伝に偽りはありません^^でした。


アウトレットでは特にほしいものはなかったのですが、行った記念に雑貨を買って帰りました。

なばな1

なばな2


遅いお昼にきしめんをいただきましたが、おだしは黒い醤油色でした。

なばな3

なばな18


カワヅザクラ

なばな4

なばな5

なばな6


タイリンミツマタ

なばな7

なばな8


サンシュユ

なばな9


シダレウメがみごとでした。

なばな10

なばな11

なばな12

なばな13

なばな14

なばな15

なばな16

なばな17




(すべて3/12撮影)



テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

山梨・大泉高原の旅・・・7(終) ♪きのこのこのこ げんきのこ・・・

9月17日~20日まで山梨県大泉高原あたりを旅してきました。
まだ、緑濃かった山の木々は今頃はきれいに色づいていることでしょう。

旅の最終日は名古屋に途中下車の予定だったので、ホテルから小淵沢に向かう道沿いの景色を眺めるだけになってしまって、今考えるとちょっともったいない気がします。

ススキ1


道端の花々の一部はブログにアップしてきたのですが、この旅で出合ったキノコたちです。
木々の根元のふかふかの土の中からひっそりと傘を広げていました。

ススキ2


ギンリョウソウです。
キノコの仲間ではないのですが、葉緑素をもたず、菌類に係わって栄養を得ているキノコっぽい植物です。

ススキ3


その他のキノコ

ススキ4

ススキ5

ススキ6

ススキ7

ススキ8



お土産は食べるものと、ガラスの小さなフルーティストです。

ススキ9

ススキ10




9月27日、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山が噴火して、多くの犠牲者がでました。
亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

私は登山はしませんが、山の空気が大好きな山派の人間です。
徒に恐れることなく、細心の注意を払いながらこれからも山を眺め、山のふもとを歩きたいです。





テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

山梨・大泉高原の旅・・・6 小海線、国立天文台野辺山、松原湖

9月17日~20日まで山梨県大泉高原あたりを旅してきました。
まだ、緑濃かった山の木々は今頃はきれいに色づいていることでしょう。

小海1


旅の3日目は小海線沿線を野辺山に向かいました。
宿泊した八ヶ岳ロイヤルホテルの最寄りの甲斐大泉駅ではちょうど列車が到着してきました。

小海3

小海2

小海4

小海5


JR鉄道最高地点、標高1375mです。

小海6

この線路の先に野辺山駅があります。

小海7

旅の初日には改札を出なかった野辺山駅です。

小海8


オミナエシ

小海9




国立天文台野辺山です。
ここには電波による観測を行う宇宙電波観測所と太陽電波観測所が置かれています。

野辺山高原は標高1350m。
水蒸気量が少なく、山に囲まれた平坦な地形であること、寒冷地でありながら雪が少ないことなどから、宇宙電波・太陽電波の観測に最適な場所として天文台がつくられました。

小海10

小海11


下の2枚の写真が45m電波望遠鏡です。

小海12

小海13


小海14

小海15




次に松原湖(猪名湖)まで足を伸ばしました。
松原湖は標高1123m、面積0.12㎢、周囲1.96㎞、最深7.7m。
1周する道が整備されているので、歩いてみました。

小海16


碑のある湖畔の公園に入ったとたん、「北風小僧の寒太郎」の曲が流れました。
どこかで強力な^^センサーが働いているようです。

作詞の井出隆夫さんがこちらの出身だそうです。
なんとこの井出さん、Jポップの名曲をたくさん作った山川啓介さんの本名なんですって。

小海17

小海18

小海19



元来た道をもどりました。
野辺山にはこの牛やウサギ(?)のオブジェがよく置かれていました。
美しい景色の邪魔をしてるなぁと、思わないでもなかったのですが、干し草を詰めた袋を重ねて作られているそうです。

小海20






テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

山梨・大泉高原の旅・・・5 展望デッキからの見晴らしと森の散策路

9月17日~20日まで山梨県大泉高原あたりを旅してきました。
その頃まだ、緑濃かった山の木々は今頃はきれいに色づいているのでしょうね。

宿泊したホテルには屋上に展望デッキ天体ドームが設けられています。
天体ドームには口径30cmの天体望遠鏡が備えられていて、星が見える夜は公開されています。
デッキからは八ケ岳や南アルプス連峰、富士山を望めます。

やま1


デッキの北側は八ヶ岳中信国定公園

やま2


中央が赤岳2890m、向かって左奥に阿弥陀岳2805m、右奥は横岳2829mです。

やま3


南側は遠くに富士山と、

やま4


南アルプス国立公園です。

やま5


今年は天候不順で富士山や星が見えない日が結構あったそうです。



花壇にはシュウメイギクをはじめ、バラルドベキアなど見事に育てられていました。

やま7

やま8

やま6

やま9

やま10


ホテルの回りに、一周約30分で巡る森の散策路がありました。

やま11


ツリフネソウ

やま12


キツリフネ

やま13


ナガミノツルキケマン

やま14

やま15



ご神木の三本松の根元に、水神さまが奉ってあります。
油川水源地です。

やま16


フサフジウツギとチョウ

やま17

やま18


ヒヨドリバナ

やま19

ヤクシソウ

やま20


クサフジ(の仲間?)

やま21

やま22


ツリガネニンジン

やま23


ワレモコウ

やま24


やま25






テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

山梨・大泉高原の旅・・・4 橋と滝と清泉寮など

9月17日~20日まで山梨県大泉高原あたりを旅してきました。

ちょっと寄り道^^している間に、2週間が過ぎました。
まだ、緑濃かった山の木々は今頃はきれいに色づいているのでしょうね。

旅の2日目はホテル近くにある八ヶ岳高原大橋からまわることにしました。
「黄色い橋」とも呼ばれ、歩いて渡ることができます。

はし1


橋を上からみることのできる場所は農地などになっていて、道端にはススキや小さな花が咲いていました。

はし2

はし3


中村農場では直営の食堂、売店などが併設されていて、地鶏料理や生卵ご飯が食べられます。
生卵ご飯を食べたいところでしたが、朝食をいただいたばかりだったので、シュークリームとプリンを買って、おやつにしました。

はし4


次に吐竜の滝に回りました。

はし5


水辺の画伯の絵はほぼ完成のようです。

はし6


吐竜の滝は落差10m、幅約15m。

はし7

はし8


この片方の靴を残していった人はどうやって歩いて行ったんでしょうね。

はし9

はし10

はし11


清泉寮、八ヶ岳ふれあいセンターをぶらぶらしました。

はし12

はし13

はし14


ジャージー・ハットのソフトクリームです。

はし15

はし16

はし17

はし18


「赤い橋」東沢大橋

はし19


八ヶ岳倶楽部のそばに中止の滝の道しるべがあったので、入り込んでみました。
・・・が、中止したい^^くらいの細く急な道を降りて行ってもなかなかたどり着けません。

はし20
はし21


やっと、水音がしてきたので、着いたかなと思ったら、小川にぶつかりました。
どうも、道を間違えたようです。歩きまわらないで、元来た道を引きかえしました。

はし22

はし23

はし24




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

山梨・大泉高原の旅・・・3 八ヶ岳ロイヤルホテルの夕食

9月17日~20日まで山梨県大泉高原あたりを旅してきました。

八ヶ岳ロイヤルホテルに3連泊。夕食はホテル内のレストランでいただきました。


9月17日
前菜 飲み物は杏子酒のソーダ割り

ディナー1


吸物

ディナー2


造里

ディナー3


焼物

ディナー4


小鍋 
豆乳鍋

ディナー5


揚物

ディナー6


留椀 食事

ディナー7


デザート
桃のゼリー

ディナー8


9月18日
鴨の燻製とサラダ 飲み物は白州のハイボール

ディナー9


パン スープ

ディナー10


魚料理

ディナー11


肉料理

ディナー12


デザート

ディナー13




9月19日
前菜

ディナー14


飲物は白ワインと桃ジュース

ディナー15


造里

ディナー16


蒸物

ディナー17


焼物

ディナー18


小鍋
ほうとう

ディナー19


揚物

ディナー20


酢物

ディナー21


留椀 
湯葉丼

ディナー22


デザート

ディナー23




ちなみに朝食3回、毎度こんな感じです。

ディナー24






テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

山梨・大泉高原の旅・・・2 JR小海線、八ケ岳倶楽部

9月17日~20日まで山梨県大泉高原あたりを旅してきました。

山の旅に向かう新神戸駅も十分山の中^^、車中で食べるお弁当は旅気分を高めます。

小海1

小海2


信州の旅は茅野からスタートすることが多かったのですが、今回は山梨に入って小淵沢からです。
乗って行った特急しなの7号が小海線に接続していると知って、迷わず高原列車に乗り込みました。

行き当たりばったりの旅はこんなところが気楽です。

車窓から見えた稲絵アート

小海3


木々の枝をかすめて列車は走ります。

小海4


JR鉄道最高の1375mの地点を通過します。

小海5


列車が行き違う野辺山駅では乗客がたくさん待っています。
この野辺山駅の標高が1345.67m。日本の普通鉄道の駅としては日本一標高が高い駅です。
結構平坦な場所にあるので、そう高いとは感じません。

小海6


もう少し先まで行きたいところですが、列車の本数も少ないし、ここで小淵沢に引き返したほうが無難のようです。
駅員さんに降乗車の証明をいただいて戻ることにしました。

小淵沢からホテルに向かいます。

小海7

小海8

小海9

小海10


途中、八ケ岳倶楽部に寄りました。
森の恵みのチーズケーキです。

小海11

小海12

小海13


雑木林を歩きました。
この日はレストラン内で柳生博さん、息子の柳生真吾さんをお見かけしました。

小海14

小海15

小海16

小海17

小海18

小海19




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

山梨・大泉高原の旅・・・1 みそかつ矢場とんで鉄板とんかつ

9月17日~20日まで山梨県大泉高原あたりを旅してきました。

のっけから最終日のことですが、いつも信州から中央線を使っての帰途は名古屋は乗り換えで利用するだけなので、一度下りて、何か食べて帰ろうということになって、駅近くの店で名古屋名物を、それじゃあみそかつでも、ということになりました。

ほぼ初めての下車になる名古屋は、知っていたとはいえ大都市で、人の多さと活気にビックリしました。

JRセントラルタワーズは駅ビルとしては日本一の高さです。
さすが資金力のあるJR東海です。

とん1


レストラン街のディスプレイ

とん2


駅のインフォメーションで、近くにある矢場とんの中でも落ち着いて食べられるだろうと紹介された名古屋駅名鉄店に行きました。

とん3


鉄板とんかつのねぎのせをいただいてきました。
旅行中、過食気味でした。
お腹が空いていたら、どんなにおいしかったでしょう。

とん4

とん5

とん6


余談ですが名古屋ではエスカレーターは右側空けですね。
でも、デパートでは両側乗りが絶対いいですよね。空ける必要ある?

とん7




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

奈良への旅・・・5(終) 奈良ホテル館内めぐり、旧大乗院庭園

8月18日~20日まで、2泊3日で奈良へ行ってきました。

訪ねたいところは、まだまだたくさんあるのですが、3日目は奈良ホテルの館内めぐりと隣接する旧大乗院庭園に寄って、早目に帰宅することにしました。

希望者は館内をホテルの方に案内していただけるサービスがあります。

奈良ホテルは1909年(明治42年)の創業。
当時は「関西の迎賓館」として、皇族や政府高官、海外の著名人などがこのホテルに滞在しました。

館内ツアーとは順序が違うところもありますが、館内の写真を撮ってきました。
たまたま8月23日、テレビ東京系列で放送された「美の巨人たち」が奈良ホテルを取り上げていました。



本館玄関の吹き抜け格天井

奈良ホテル1


鳥居付きマントルピース
奈良ホテルは辰野金吾設計、日本とドイツの和洋折衷で建てられたこのホテルを象徴しています。
鳥居の左上に掲げられた日本画は上村松園の「花嫁」
館内の廊下、ロビー、レストランなどには名画がさりげなく飾られています。

奈良ホテル2


フロントの奥に鎮座するのは大きな金庫
あまりの重さに動かしようがなく、この金庫の位置だけは創業以来変わらないそうです。
ちなみに中は空。

奈良ホテル3

奈良ホテル4


和風シャンデリア
館内のシャンデリアは全て天井裏の梁から吊るされていて、大きな地震でも落ちることはなかったそうです。

奈良ホテル5


ロビー「桜の間」

奈良ホテル6


平成の大時計
15分ごとに短く、毎正時には長く、美しい音を奏でます。

奈良ホテル7


アインシュタイン博士とピアノ
1922年12月に宿泊したアインシュタインが散歩帰りにコートを脱ぐのももどかしく、弾いたピアノです。
長らく所在不明だったのですが、発見後調整を済ませ、今でも定期的に調律、このピアノを使ったサロンコンサートも開かれるそうです。

奈良ホテル8


赤いツルハシ
部屋の中で何かあったときに、ドアを打ち破るために備えられています。
凶器があちこちにある^^ということだわ。

奈良ホテル9


廊下のスチーム暖房は現役です。室内にあるものも冬場は使われるそうです。

奈良ホテル10


インペリアルスイート

奈良ホテル11


この部屋の対面が泊まった狭い部屋でした。
もともと我々の部屋はメインのお客さまの荷物を置いたり、着替えに使った部屋なんですって。
バスルームはトイレ一体で、ことらも狭かったのですが、アメニティは高級感がありました。

奈良ホテル12


オードリーヘップバーンがお気に入りだった2階のラウンジの一角。

奈良ホテル13


窓から見た鴟尾(しび)

奈良ホテル14


大階段

奈良ホテル15


大階段の途中の銅鑼(どら)

奈良ホテル16


大階段の右奥にバー「ザ・バー」
明かりとりのスリガラスが美しいです。

奈良ホテル17


館内ツアーのあと、ホテルの北側に回ってみました。
朱く塗られた欄干です。
戦後、米軍の接収中、ホテル全体にペンキを塗るように指示が出たのを、どうにか欄干だけで済むよう、折衝したそうです。

奈良ホテル18


乃木大将お手植えの松
樹齢100年を超えました。

奈良ホテル19


この日(8/20)もいい天気です。
奈良ホテルの散策路を荒池近くまで下りて、若草山方向を見たところです。

奈良ホテル20



ホテルの南側に隣接する旧大乗院庭園に回りました。
静かです。

奈良ホテル21

奈良ホテル22

奈良ホテル23


ホテルに荷物を取りに戻るとき、シカの母子に出合いました。
今年生まれたバンビを連れて、時々敷地内に現れるそうです。

ところで、シカの背中の白い斑点っていくつあるか知ってますか?
観光バスのガイドさんによると、背骨の右側に70、左側に70、計140個あるそうです。
ただし、数えたわけではありません^^。と、いうことでした。

奈良ホテル24

奈良ホテル25

奈良ホテル26

奈良ホテル27


帰途の猿沢池越しの興福寺五重塔です。

奈良ホテル28


お土産は食べるものをいくつか。
柿ケーキには本物のへた^^がついていました。

奈良ホテル29

奈良ホテル30






テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

奈良への旅・・・4 定期観光バス法隆寺・西の京コース

8月18日~20日まで、2泊3日で奈良へ行ってきました。

奈良2日目は定期観光バスで、法隆寺、中宮寺、慈光院、薬師寺、唐招提寺、朱雀門(車窓から)を巡りました。
健脚者向きのコースだそうです。途中駆け足(気分はね)^^でまわる中身の充実したコースでした。

この日(8/19)、天気がよかったのはいいのですが、半端じゃない蒸し暑さです。
同じバスに乗った老若男女約30名、汗だくの見学になりました。



まず、最初の見学場所は法隆寺
飛鳥時代の姿を伝える、世界最古の木造建築です。

にし1


中門と五重塔

にし2

にし3


五重塔の高さは約32.5m

にし4


大講堂

にし5


北東側から見た金堂と五重塔

にし6


夢殿

にし8


大宝蔵院
宝物類を多数安置、展示しています。

にし7


中宮寺本堂
池の周りにはヤマブキが植えられていて、ほんの少し残っていました。

にし9

にし10


法隆寺の参道
近くの食堂でそうめんをいただきました。ツアーでは別料金で和食も注文できます。

にし11


次に回ったのは慈光院
茶道石州流発祥のお寺です。書院でお菓子とお薄をいただけます。

にし12

にし13

にし14


続いては薬師寺
天武天皇によって発願、持統天皇によって本尊開眼、文武天皇の時代に完成しました。
冷房の効いた勧進所で若い僧侶の説法を聞きます。
説法というより、気軽なトークといった村上定運さんのお話でした。

薬師寺の中門、西塔、解体修理中の東塔です。

にし15


西回廊から見た西塔

にし16


三重塔ですが各層に裳階(もこし)をつけているので六重に見えます。

にし16-2


金堂

にし17


大講堂

にし18

にし19


最後の見学地は唐招提寺
鑑真ゆかりのお寺です。

南大門から見る金堂

にし20


金堂

にし21


金堂と講堂

にし22


経蔵
日本最古の校倉です。

にし23


開山堂
鑑真和上御身代わり像がまつられています。

にし24


鑑真和上御廟
静かな雰囲気の中にあります。

にし25

にし26

にし27

にし28


最後の最後にバスの車窓から平城宮跡の朱雀門
右奥にチラッと見えるのが前の晩、ナイトツアーで寄った大極殿です。

にし29




朝10時スタート、近鉄奈良駅着は17時過ぎ。
汗ふきふき、よく歩きました。万歩計は20000以上をカウントしていました。






テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

奈良への旅・・・3 奈良ホテル「花菊」で和食ほか

8月18日~20日まで、2泊3日で奈良へ行ってきました。

めっきり食べる量が減った老夫婦です。
もともと小食の夫は、お腹がいっぱいだと何も食べられなくなります。
私はお腹がいっぱいでも食べられますが、あとで胃薬のお世話になったりするようになりました。

でも、今回の奈良ではいつもより食べる機会を活かせた旅になりました。



近鉄奈良駅構内の観光案内所で教えていただいた月日亭近鉄奈良駅前店で、大和肉鶏と湯葉膳

花1

花2


餅飯殿(もちいどの)センター街、麺闘庵で、巾着きつね
大きな揚げの中にやわらかめの細うどんが入っています。
ナイトバスツアーの前にいただきました。

花3

花4



法隆寺参道、奈良漬け店でもある志むらで三輪そうめん

花5


奈良ホテルに戻ってティーラウンジでウエルカムドリンクにケーキをそえて

花6


2泊目の夕食はホテル内の花菊懐石「飛鳥」コース
花菊は新館にあるので、内装は新し目です。

花7

花8


先付

花9


前菜

花10


吸物、造里、焼物、蒸物

花11


小鉢

花12


油物
ご飯、みそ汁といっしょに食べられるように用意してくれました。

花13

花14


デザート

花15




おいしいものが、待っているテーブルに用意される。
なんて、幸せなんでしょう。







テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

奈良への旅・・・2 奈良ホテルでの朝食と昼食

8月18日~20日まで、2泊3日で奈良を旅してきました。
旅するというよりも、奈良へ出かけました、っていう感覚でしょうか?

奈良ホテルのメインダイニングルーム「三笠」で、こんな食事をしてきました。

1泊目翌朝の和定食です。
私はご飯を茶がゆにしました。

三笠1

三笠2

三笠3



2泊目翌朝は洋定食にしました。
飲み物やシリアル、卵料理の調理法、パンなど、何種類かから選べます。

三笠4

三笠5

三笠6

三笠7



レイトチェックアウトを済ませ、昼食に奈良ホテル名物のビーフカレーセットをいただいてから、帰途につきました。
牛肉がゴロンゴロン入っています。

三笠8

三笠9

三笠10




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

奈良への旅・・・1 夜の奈良公園・平城宮跡めぐり

8月18日~20日まで、2泊3日で奈良を旅してきました。

といっても、相互に乗り入れている阪神と近鉄の快速急行に乗れば、神戸三宮から近鉄奈良まで直通で約80分。乗る時間帯によっては、旅行カバンが不似合い^^です。

駅前のポストからして、すでに奈良^^です。

なら1


宿はお盆休み期間をずらして、リーズナブルな料金になっている、奈良ホテル
近鉄奈良駅からは歩くには近いような遠いような距離です。

観光案内所で教えていただいた駅近くの和食レストランで昼食をとったあと、ぶらぶら歩いて行くことにしました。
季節のいいときだったら景色を愉しみながら歩くのにかえってちょうどいいくらいの距離なのに、すぐ汗びっしょりになりました。

猿沢池ごしに興福寺の五重塔

なら2

なら3


荒池の向こうに2泊する奈良ホテル

なら4


ふ~っ。遠回り^^して、奈良ホテル到着です。

なら5

なら6


チェックインを済ませてから、翌日の市内観光の申し込みに向かいがてら、興福寺境内へ。

東金堂と五重塔

なら7

なら8


県庁横をシカも横断です。
ちなみに奈良公園には1200頭のシカが住んで^^いるそうです。

なら9


定期観光バス案内所で、夜間コースがあるときいて、急きょ参加することにしました。
18時半から約3時間のコースです。

興福寺を車窓から観て、平城宮跡・第一次大極殿へ。平成22年に約180億円かけて復元されました。
平城宮は130haの敷地をもち、現在復元中ですが、敷地内を近鉄奈良線が斜めに横切っていて、ひっきりなしに電車が通過していきます。

大極殿側からは遠くに見えた朱雀門は車窓からの見学です。

なら10

なら11

なら12


その後は東大寺へ。
参道のシカのフンを避けながら^^南大門へ。

南大門の金剛力士像は門に向かって左側に口を開けた阿形(あぎょう)、右側に口を閉じた吽形(うんぎょう)がそびえ立っています。身長^^は8mを超えるそうです。

なら13


大仏殿はもちろん、夜は入堂できません。

なら14


ナイトツアーの最後は若草山山頂から大和盆地の夜景です。
静かな、静かな光が集まっていて、けばけばしさがまったくありません。
この夜景を見られたことが、今回の旅の一番の収穫でした。

なら15




テーマ:写真ブログ - ジャンル:ブログ

プロフィール

emarch

Author:emarch
読みたい!
見たい!聞きたい!
食べたい!
とにかく出かける!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。